スポンサーリンク




Bose QuietComfort 20でノイズを除去。ノイズキャンセリングイヤホンで集中力を高めよう!<No 42>

)Bose QuietComfort 20

<サービスメニュー>

勉強できる環境づくり

税理士試験は、勉強できる環境づくりが大切です。

  1. 専門学校の自習室
  2. 図書館
  3. 自宅
  4. カフェ

1. 最も、オーソドックスなのが、専門学校の自習室でしょう。
まわりは皆ライバルなので、ぼーっとすることがなく、最も集中できる環境ではないでしょうか。

 

2. 図書館も、静かで良いですが

  • 電卓が大っぴらにつかえない
  • 中途半端に静かで、少しの物音が気になる

 

3. 自宅は、人の気配もなく、静かさはあるのですが、「自分への甘え」という難敵があります。

居眠りやスマホいじりへの障壁が低いです。

また、家族が常にいる場合は無理かもしれないです。

 

4. 気分転換がたら、たまには良いですが、総合問題は解けませんし、そもそも電卓も叩けません。

理論暗記がメインになるでしょう。

どこで勉強するにおいても、大事なことはモチベーションの維持とノイズの除去です。

ノイズの除去

静けさを求めれば求めるほど、小さなノイズが気になります。

結局、自宅であろうが、どこにいてもわずかなノイズは聞こえます。

そこで私が利用しているのは、ノイズリダクション機能付きのイヤーフォンです。

Bose ノイズキャンセリングイヤホン QuietComfort 20 Apple製品対応リモコン・マイク付き ブラック QuietComfort20 IP BK【国内正規品】

 

 

イヤーフォンを装着し、音楽をかけずに、ノイズリダクション機能だけオンにします。

すると、

  • 車両の行き交う音は全く聞こえない
  • 品のある大人の会話は全く聞こえない
  • 声質によっては、半減程度
  • 物音は全く聞こえない

図書館での修士論文作成、カフェでのブログ更新など、雑音が気になりだしたら装着し、効果は抜群です。

値段は少々かかりますが、音質のレベルも高く、これで二台目です。

勉強できる環境づくりへの投資は、何よりも第一です。

スポンサーリンク




1 個のコメント