スポンサーリンク




簿記論合格テクニック。「時間配分」と「解かない問題」の見極め<No 61>

解く順番も重要な要素

簿記論の総合問題を解き始めると、

解く順番が話題になります。

  1. 問1→問2→問3
  2. 問1or問2の得意な方→問3
  3. 問3→問1→問2
  4. 問3→問1or問2の得意な方

人それぞれに好みはあります。

私の場合、

  • 初期・・・2
  • 中期・・・4
  • 合格年・・・1 

合格した今だから言えることは、4(問3を先に解く)ことにこだわり過ぎたのが敗因です。

簿記論は、税理士試験歴が浅い受験生が多いので、比較的、問1から解く方が多いです。

そのため、必然的に時間の足りない問3は、最後まで解くことができないので、点数は伸びません。

そんな中、ベテラン上級者が問3から解くと、当然、問3は、成績上位に食い込みます。

問3がダントツに出来て、問1、問2が、まあまあだと、総合上位1割以内に入ります。

しかし、本試験で多くの受験生が、問3をまんべんなく解くことが出来ないのなら、
問3には、配点が、そもそも無い可能性が高いです。

 

 

傾斜配点を意識せよ

傾斜配点は、初学者も含めた、皆が出来る問題に高い点数がふられ、
上位者にしかできない問題には、低い点数(もしくは点数が無い)がふられます。

であるとすれば、大事なことは、皆ができる問題を必ず正解する必要があり、
これを落とせば致命傷になります。

問1から解くかたが大多数であれば、必然的に正解すべき問題が問1に多く含まれます。

とすれば、問3をどれだけ他の受験生より圧倒しても意味はないのです。

 

 

合格への道

私は、合格の前年まで、問3から解答していました。

問3は余裕をもって、問題に望めるのですが、問1・問2は時間が迫るなかでの解答なので、
当然、焦りが出て、取るべきA・Bランクを一つ二つ逃していました。

解答速報では、その不足分を、問3で充分に補えているのですが、
そもそも問3の重箱の隅には配点がなかったのです。

その翌年、

  1. 問1・・・20分
  2. 問2・・・20分
  3. 問3・・・40分
  4. 解き忘れているAランク
  5. 解き忘れているBランク

 

の順番に解きました。

このとき、問3を解いた時点で、「合格」を確信しました。

問1 17問中 正解10問 正解率 58.8%

問2 14問中 正解5問 正解率 35%

問3 40問中 正解10問 正解率 25%

トータル 71問中 正解25問 正解率 35%

一目瞭然ですね。

 

簿記論。

皆ができる問題をもれなく確実にとることが、

合格への近道です。

 

<メルマガ「トライアスロン税理士の独立開業日誌」>
2022年10月1日スタート。毎日配信中。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<メルマガ「ひとり社長の仕事術」>
ご登録が一定の数に達した時点で配信開始します。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<You Tubeチャンネル「独立・開業コンサルタント 税理士 ユウジロウ」>
毎週金曜日、You Tubeで動画配信しています。
よろしければ、チャンネル登録お願いいたします。
こちらから

<サービスメニュー>

 

スポンサーリンク




1 個のコメント