スポンサーリンク




朝イチにアウトプットでスタートするコツと効果。メルマガ・Kindle執筆<No 1587>

yujiro

)朝の大阪梅田ヨドバシ前

Contents

アウトプットのコツは、スケジューリングと事前の準備

これまで、アウトプットとして習慣化していたのは、ブログ(平日毎日)とYou Tube(週イチ)の2つ。

これらに加え、10/1からメルマガ(毎日)を、さらに今週からはKindle執筆(11月末完成予定)を始めることに。

  • 9月決算が1つ
  • 10月決算が2つ
  • 通常の顧問業務
  • トライアスロンの練習

もありますが、なんとかなっています。

可能にしたのは、スケジューリングと事前の準備。

この2つなくして、メルマガもKindle執筆もスタートできませんでした。

事前の準備は、メルマガもKindle執筆も、前日までに何を書くのか決めています。

スケジューリングについては、このあと詳しく。

朝イチにアウトプットでスタートする効果

朝イチにアウトプットからスタートできると、その日一日の充実感が違います。

これまでは、朝のルーティンを終えたあと、インプットよりのタスクやメインの仕事に手をつけていました。

理由は、「仕事を終えてからでないと、落ち着いて文章がかけないから」。

平日毎日のブログは特に。

ブログを書き終えるまで、平均2時間〜2時間半はかかります。

写真の数が多めだったり、トライアスロンのレースのように時系列で説明できるものは90分くらいと比較的早めに書き終えることができます。

あと、ツールの説明をする記事も早めに終わります。

一方、時間術・生き方など、抽象的な説明が多い、ふわっとした内容だと、パシッと終えることができずにいます。

平日毎日2時間以上、時間どおりに終えられるかどうかわからない状態で、朝一番にブログを書くことには抵抗がありました。

時間どおりに終えられなければ、その日の他のタスクに影響します。

この概念がメルマガで変わりました。

ブログは午後から書いているので、メルマガを書くとすると朝か夜になります。

夜のほうが時間は確保しやすいですが、夜だと読書の時間に影響します。

あと、夜に書く文章は、心情があらわになりすぎるので、朝のタスクにしました。

  • 6:00〜6:30 メルマガ執筆
  • 6:30〜6:45 メルマガ設定

メルマガの文章そのものは30分で書き終えると決めています。

私の場合、これがピタッとハマりました。

メルマガを書き終えたあと、

  • 6:45〜 ラジオ英会話
  • 7:00〜 洗顔・ひげ剃り
  • 7:15〜 朝食(家族で)
  • 7:25〜 朝刊
  • 8:00〜 ボスのFacebookライブ
  • 8:05〜 娘のお見送り

その日メインの仕事に入っていきます。 

この朝イチにアウトプットを一つ終えた爽快感は、午後に書くブログでは得られませんでした。

この爽快感に味をしめたので、先日はじめたKindle執筆も朝イチに。

  • 4:30起床
  • 4:30〜5:00 ルーティン
  • 5:00〜6:00 Kindle執筆
  • 6:00〜6:30 メルマガ執筆

アウトプット2つを終えてからの朝食は格別です。

BALMUDAの新しいトースター「Pro」。サラマンダー機能で家電を超える<No 1566>

これに加えて今日は、朝食後にYou Tube撮影、あいだに法人決算を挟んで、午後からブログ更新とアウトプットのオンパレードとなりました。

十分すぎるほどの種まきですが、果実のほうは、

  • セミナー
  • 動画販売
  • 単発相談・コンサル

など。

メルマガとKindle執筆は今月スタートしたばかりなので、実質、ブログとYou Tubeの成果です。

やりたいことを楽しみながらやって売上になる。

こんな幸せなことはありません。

迷ったらアウトプット

ひとりで完結できるインプットに比べ、アウトプットは見られる相手がいることなので壁は高いもの。

6年半前にはじめてブログを書いた日のことは今でも覚えています。

人間の慣れって凄いなと。

改めて感じています。

<編集後記>
10月19日水曜日
4時30分起床後ルーティーン
メルマガ執筆、ブログ更新、You Tubeスライド作成。
午後から、税務打ち合わせ訪問。

<メルマガ「トライアスロン税理士の独立開業日誌」>
2022年10月1日スタート。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<メルマガ「ひとり社長の仕事術」>
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<You Tubeチャンネル「独立・開業コンサルタント 税理士 ユウジロウ」>
毎週金曜日、You Tubeで動画配信しています。
よろしければ、チャンネル登録お願いいたします。
こちらから

<サービスメニュー>

 

ABOUT ME
記事URLをコピーしました