モバイルスキャナー「ScanSnap iX100」で、紙は「預からない」<No 438>

Pocket

)ScanSnap iX100

 

 

紙は預からない

勤務時代、お客様からお預かりした原始資料(原本)を
前任者は返していませんでした。

そのため、資料は事務所の片隅で塵と埃まみれです。

当然「なんだかなぁ」と気分は落ちます。

そこで、自分が担当してからは、
預かった年分の資料以外に、
これらの古い資料も一緒に返すようにしました。

返されたお客様も「今さら」感はありますが、
そこは上手く言って、引き取ってもらいます。

独立してからも、ここはきっちりしようと
試みました。

出先でコピーをいただくと、後々「返却する」作業は
ありません。

ただ、原本を預かってしまうと、返却する必要があります。

毎月、訪問するお客様であれば次回の訪問時に返却すれば
いいですが、半年や年に1回とかだと、長期間預かることに
なります。

そうすると、留守中に、

  • 資料の数字が知りたい
  • 今すぐ資料を返却して欲しい

なんてこともあります。

「ScanSnap iX100」でこの点を改善することができました。

 

 

「軽い」「速い」「スマホ対応」

これまで使っていたのは、複合機に付いている
スキャナー機能です。

いくらコンパクトになったと言っても、
複合機は持ち運べません。

そこで導入したのが、
モバイルスキャナー「ScanSnap iX100」です。

 

預かる資料より軽い

ScanSnap iX100のメリットは何より「軽い」
ことです。

重さは400g。

大量の資料を預かると400gを超えることも
あるでしょう。

資料は預からずに、その場でスキャンして、
データだけいただくとスマートです。

サイズは、273mm(幅)47.5mm(奥行き)36mm(高さ)。

タテでもヨコでも大抵のビジネスバックに収納できます。

 

 

想像よりも速いスキャン

読み取り速度は、

  • ノーマル
  • ファイン
  • スーパーファイン

のいずれも片面1枚5.2秒。
(エクセレントのみ20.4秒)

数字にするとそうでもないですが、
自分でスキャンすると結構速く感じます。

というのも、スキャンしている間に、
次の紙を本体に近づける前に、
既に前のスキャンが終わっているからです。

機械の5.2秒に厳しい人間も、自分の動作には
結構甘く見積もっているようです(^^;)

 

 

スマートフォン対応

出先でスキャンする場合には、
スマートフォンを使用します。

対応アプリを事前にインストールしておけば、
その場でスキャン後の画像を確認することができます。

ここでスキャンしたデータはアプリ内のファイルに
保存されます。

 

 

選べるクラウドストレージは3種類

アプリ内に保存されたデータは自動で、
好みのクラウドストレージに送信されます。

対応しているのは、

  1. Dropbox
  2. Googleドライブ
  3. OneDrive

の3種類です。

ネジマーク(?)の設定画面から、
「ScanSnap Syncの設定」を選ぶと、
「クラウドサービス」の表示が出てきます。

 

ここで「接続する」を選ぶと、

先の3つから選ぶことができます。

既にスマートフォンにクラウドをインストール
済みであれば、ここも自動で取り込んでくれます。

 

 

未来の時間を生み出す

ひとりビジネスにはアシスタントはいません。

資料を預かれば、それを返却するのは自分です。

その場で処理できることはその場で終えてしまう。

そうするだけで、「未来の時間」を生み出します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
5時28分起床後ルーティン
午前中、コインチェック退会、ビットフライヤー登録、チャットワーク導入、
    STREAMEDでベトナムへデータ送信
午後から、ブログ執筆

 


 

娘5歳が公文で英語を始めました。

早くも舌を巻いて発音しています(^^;)