スポンサーリンク




利益を上げて、お金を残すためにやるべきこと。1%の改善で、利益は○%アップする<No 764>

                         西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

利益を上げて、お金を残す

独立したら、仕事を受けて利益を出さなければ食べてはいけません。

この「利益」を出すためにやるべきことは、

  1. 売上を増やして
  2. 経費を減らすこと
そして、売上を増やすためにやるべきことは大きく3つ。

  1. 顧客の数を増やす
  2. 単価を上げる
  3. 購入頻度を上げる

 

今日は、「利益の改善」についてお伝えします。

 

 

1%の改善で、利益は○%アップする

売上はそこそこあるけれど、利益が出ない。

では、利益を上げるためにはどうすれば良いのか?
 
単純に売上をアップさせる。
 
それも一つの手ですが、簡単なことではありません。
 
一つの数字をクローズアップするのではなく、複数の数字に着目します。
 
数字を点で見るのではなく、線で繋げることで全体像が見えてきます。
 
 
 
 

3つの数値を1%ずつ改善する

仮に、次の経営状態の会社があったとします。
 
)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用                         
 
このなかで、
  1. 売上高
  2. 粗利率
  3. 労働分配率(粗利益のうち人件費の占める割合)
 
この3つ数値をそれぞれ1%ずつ改善させたとします。
 
すると、利益はいくらになるでしょう?
 
 
 

売上

100ある売上を1%改善すると、101になります。

売上100×101%=101
 
 
 

粗利率

80%の粗利率を1%改善すると、81%になります。

その結果、粗利益はいくらになるかというと、
 
売上101×粗利率81%=81.8
 
となります。
 
 
 

労働分配率

労働分配率は、粗利益のうち占める人件費の割合です。

改善前の分配率は、

人件費40÷粗利益80=50% 

改善後は、
 
50%−1%改善=49% となります。
(労働分配率は、マイナス値が改善となります)
 
その結果、人件費は、
 
粗利益81.8×労働分配率49%=40.0
 
 
 

どれだけ改善されたのか?

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用
                         
  1. 売上高
  2. 粗利率
  3. 労働分配率

これら3つの数値を1%ずつ改善させた結果、

11.8÷10=1.18 18%と2割近く利益が増えました。

さらに、改善率を1%から3%に変えるとどうなるか?

利益は15.4となり54%改善させることができます。

 
 

 

たった1%だけ

最初から2割利益をアップさせてようとしても、なかなか出来るものではありません。

しかし、3つの数値を1%改善させるだけで、利益を18%改善させることができました。

  • 売上を1%だけ
  • 粗利率を1%だけ
  • 労働分配率を1%だけ
たった1%の努力で、無理なく利益の改善がはかります。
 
 
 

 

 

 

<編集後記>
0時15分〜U20W杯観戦
6時05分起床後ルーティン
午前中、セミナー動画視聴、ブログ執筆
午後から、法人月次でお客様訪問、ブログ執筆

<メルマガ「トライアスロン税理士の独立開業日誌」>
2022年10月1日スタート。毎日配信中。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<メルマガ「ひとり社長の仕事術」>
ご登録が一定の数に達した時点で配信開始します。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<You Tubeチャンネル「独立・開業コンサルタント 税理士 ユウジロウ」>
毎週金曜日、You Tubeで動画配信しています。
よろしければ、チャンネル登録お願いいたします。
こちらから

<サービスメニュー>

 

スポンサーリンク