スポンサーリンク




月間10,000PVまで3年10ヶ月。PV推移と読まれる記事の傾向。時間をかけてコツコツが、自分らしくて誇らしい<No 932>

)inoreaderで猛者たちを研究

 

 

10,000PVまで3年10ヶ月

平常時、このブログのページビュー(以下、PV)は、1日あたり200から300でした。

月間で言うと、6,000から7,000の間を行ったり来たり。

2019年の暮れごろから、税理士向けの記事が読まれるようになり、
300を超える日が多くなりました。

これに応じて月間PVも7,000から9,000へと徐々に増えていき、
もうすぐ1万というところで足踏みしていました。

2020年、年明けから確定申告がらみの記事のPVが増えたことで、先日1万PVを超えました。

かかった月日は、3年10ヵ月。

これが早いのか、遅いのかはわかりません。

すでに結果を出している方や、ブログはやっていないけど、
「何十万PVまで何ヶ月」という知識を持っている方にとっては遅いと感じるでしょう。

私にとって10,000PVはそれほど感慨深いものではなく、
PVよりもブログを書くことで経験できた成功や失敗、
そして、出会いに価値を感じています。

上にいる人と比べると、いつまで経っても自己肯定できる日は来ません。

比べるのは、昨日の自分、過去の自分と決めています。

 

 

時間をかけてコツコツが、自分らしくて誇らしい

ブログを始めたころ、見ているのは誰よりも自分でした。

「おっ、見られてる」と思ったら自分の閲覧だったことは、
ブログを書いている方なら誰もが経験しているはずです。

これを知ったとき愕然としましたが、すぐさま自分の閲覧を除外するようにしました。

また、初期の頃は海外からの攻撃的な閲覧もあったので、
こういったのも除外するようにしています。

ブログを始めたころは、100PV(1日)すら夢のまた夢でした。

 

PVの推移

ブログを初めてからの3ヶ月は毎日1ケタ。

半年を超えたところで、常時2ケタとなりました。
(ここで耐えられずにやめられる方が多いのかと)

1年経って2年めに入ると、先人たちにリンクを張ってもらえるようになり、
徐々に購読される方が増え、100を超える日が出るようになりました。

1年半で常時100超。

2年経って3年めに入ると200を超える日もちらほら。

3年経って4年めに入ると200が常時で300超えも。

そして、2019年の暮れになると常時300超えとなりました。

2020年、400超えの日がちらほらと。
(土日は、マイナス50から100)

 

読まれる記事の傾向

PV上位の記事を見るとタイトルに特徴があります

  • アルファベットが使われている
  • 固有名詞が使われている
  • キーワードが複数

 

 

そうとわかれば、これらを加味したタイトルにすればいいのですが、
それはそれで難しく。

平日毎日書けるほど、個別具体的な論点を含んだネタは出てきません。

逆に、生き方や考え方など、ふわっとした内容だと書きやすいのですが、
こういった記事は当日見られてもその後、検索では引っかかりません。

対策としては、

  • リライトする
  • タイトルにキーワードを含めて変更する

などの方法がありますが、その日の記事で手一杯でそこまで余裕はありません。

ただ、生き方や考え方の記事は人の心には刺さりやすく、
滞在時間は長くなる傾向があります。

セミナーに参加される方のなかでも、そういった記事を読んでくれている方は、
目の色が他の方とは違うのがわかります。
(ブログを書いてて良かったと思える瞬間です)

そしてもう一つ、上位の記事は

  • 失敗を回避するノウハウ
  • 成功のための how to

のいずれかの内容になっています。

 

 

ブログのおかげで出会いもある

私の場合、特に何もしておらず、平日毎日書き続けただけです。

ブログのおかげで、遠方から会いに来てくださる方もおられ嬉しい限りです。

ブログを書いていなければ、なかったことですから。

 

<編集後記>
昨日のブログ以降
整骨院でふくらはぎともものケア、
夜は家族でNHKの「ランスマ」と「グレートレース・メキシコ大渓谷250km」鑑賞。
21時半就寝。

今日
4時40分起床後ルーティン
午前中、法人月次訪問準備、確定申告を粛々と
午後、昼寝してからランニング12キロ、シャワーを浴びてブログ執筆


今日、初めてWordPressの投稿ページを音声入力で書きました。
Macだとfnボタンを2回押せば音声入力モードに変わります。

ただ、変換の精度はあまりよろしくありません。
GoogleドキュメントやEvernoteのほうがいいですね。

スポンサーリンク