スポンサーリンク




Wi-Fiで「安全性の低いセキュリティ」と表示されたときの対処法<No 1207>

)無線LAN 中継機(2015年から使用)

WPAはもう古い。WPA2・WPA3への移行

自宅で仕事を始めるなら、パソコンとネット環境を整備しておきたいところです。

パソコンは、性能がそのまま使い勝手に影響するのでわかりやすいですが、
ネット環境はWi-Fi(無線)が繋がるだけでなく、Wi-Fiの規格も確認が必要です。

Wi-Fiの規格もいろいろあります。

  1. WEP
  2. WPA
  3. WPA2
  4. WPA3

WEPが一番古い規格で、脆弱性が見つかると、WPA、WPA2、WPA3とバージョンアップされてきました。

現状、WEPを使っている電波は見かけられず、WPA2と3が主流となっています。

私の自宅はeo光を入れていて、WPA3の電波が来ています。

これまで問題はなかったのですが、不動産管理会社より建物全体に無料Wi-Fiを提供するとの通知があり、今日、その工事がありました。

通信会社によっては、電波が弱くて使えないなんてこともあります。

実際に、電波が使えるようになり、繋げてみたところMacに次の表示がされました。

 

まさかのWPA、そして「安全性の低いセキュリティ」との文字が。

毎月のネット代がなくなり、経費(支出)削減になるかと思っていたところの問題発生です。

このまま使えずに、もとのeo光のままでいるのも勿体ないので、一通りできることを試してみました。

<セミナー情報>

Wi-Fiで「安全性の低いセキュリティ」と表示されたときの対処法

通信会社に直談判

WPA2と3が主流のなか、WPAを導入されるのは、家主さんが甘くみられているからかどうなのかわかりません。

家主さんや管理会社へ「WPAが、ホニャララ」なんて話しても通じないでしょうから直接、通信会社へ連絡します。

安全性が低いと表示された端末は、このブログを書いているMacBook Airと妻のiPhone SEです。

私のGoogle Pixel3aには表示されていません。

その旨を技術の方に伝えたところ「遠隔操作でWPA2」へ切り替えるとこのお言葉。

何事も話してみるものです。

このとき、工事で自宅の壁に埋め込まれたパネル表示のSSIDを伝えたので、建物全体ではなく、うちだけを遠隔操作したのでしょう。

ただ、しばらくしても「安全性が低い」の表示は出たままです。

Macを再起動しても変わらずなので、再度、通信会社へ連絡しました。

中継機を外す

もともとのルーターは、リビングに置いてあるので仕事部屋まで電波が届きませんでした。

仕事部屋でも電波が届くように、2015年から中継機を廊下に配置しています。

自宅までは遠隔操作でWPA2の電波が来ているので、中継機が影響しているのかと判断し、一度外してみました。

再度、Wi-Fiを接続してみたところ、「安全性の低いセキュリティ」の表示が消えました。

Wi-Fiの規格を調べるには、Macだと「ネットワーク環境設定」から「詳細」をクリックすると次の画面が表示されます。

WPA/WPA2であれば2の電波が来ているので問題ありません。

<サービスメニュー>

<編集後記>
3月29日月曜日
6時15分起床後ルーティン
午前中、ミーティング準備、使用人報告書・税理士業務の概況書提出
午後から、ジムでトレーニング&ラン5キロ、帰宅後ブログ更新

スポンサーリンク