スポンサーリンク




仕事があるときほど「種まき」に時間を使う<No 1050>

キレイな花を咲かせるために

)小学校にて

売上ゼロは、いつ連鎖してもおかしくない

独立してからもうすぐ4年が経ちます。

右肩あがりとは言いません。

増えて、減って、増えて、現状維持といった具合です。

もともと、大きくしようと思ってないので、そういった事が世間様に知れているのだろうと、
勝手に解釈しています。

やりたいことがやれているので不満はありません。

ただ、目先の売上がなくなる不安はあります。

ある日突然、コロナが多くの人の売上を奪いました。

自分にいつ連鎖してもおかしくありません。

そういった危機感から、目先の時間を仕事で埋めるのでなく、将来の仕事すなわち種まきに時間をかけるようにしています。

仕事あるときほど「種まき」に時間を使う

2020年の下半期は暇になるだろう想定し、リアル営業を計画していましたが、
コロナで出鼻をくじかれ、ネット営業に切り替えました。

  • ブログを継続する
  • ネットでセミナーをやる
  • セミナー動画をつくる
  • その動画をネットで販売する
  • セミナー音声をつくる
  • その音声をネットで販売する

通常の仕事をこなしながら、種まきの時間をつくりだすのは大変です。

時間の捻出もさることながら、毎日続けるにはメンタルが安定していないとできません。

仕事で辛いことが重なると、ブログを書くどころでないですし、
本当にお金がなくなれば、種まきうんぬん言ってる場合ではありません。

そうならないためにも、仕事があるときほど、種まきに時間を使います。

両立するコツ

急ぎの仕事と、急ぎでない種まき。

どちらを優先するかといえば、急ぎの仕事を優先しがちです。

ただ、急ぎの仕事ばかり優先していると、種まきが後回しになってしまいます。

急ぎの仕事と種まきを両立するコツは

  • 急ぎの仕事は分割する
  • 種まきは毎日少しずつ

の二つです。

急ぎの仕事は分割する

急ぎの仕事は、一回で集中してやるというのではなく、出来る限り細切りにします。

時間の許す限り、長い期間を使うようにしています。

例えば法人の決算、決算直前になって数字を固めるというのではなく、毎月の面談でリアルタイムの数字を常にお客様に伝えます。

実績+予算を立てていれば、ある程度の利益と税額は予測できます。

期首からひと月しか経っていなくても、年間予算は常に立てています。

一方、単発の場合はどうするか。

  • 個別相談
  • コンサルティング
  • 助成金・給付金の申請
  • 相続の申告など

単発の仕事も同じくタスクを細切りにします。

半日でできる仕事でも、複数のブロックに分割し、数日かけて行います。

個別相談やコンサルティングであれば、事前にヒアリングした相談内容について調べものをし、
その後、パワーポイントでスライドを作成します。

助成金や給付金について、スライドはつくりませんが、調べる時間と情報をまとめる時間・
報告する時間に分割します。

相続であれば、収集した資料から財産ごとに分けて評価をしていきます。

半日や1日でまとめて仕上げるのではなく、種まきの時間を取り込みながら、
時間の許す限り徐々に完成させていきます。

もちろん、お客様あっての仕事なので、ある程度のスパンで中途報告はします。

中途報告の前にお客様側から問われることはほぼないので、報告スパンは常識的な早さと頻度であると思います。

種まきは毎日少しずつ

すぐに終わる仕事だからと、その都度手を付けてしまうと、種まきにある着くことができません。

そうすると、時間ができて種まきをしようとしても、腰が重くてなかなか動けないものです。

やはり、続ける・習慣にするというのが遠回りのようで近道です。

このブログもそうですし、バイク(自転車)・ランニング・読書も同じくです。

直接仕事に繋がることは少ないですが、未来の自分の血となり肉となります。

<編集後記>
昨日の月曜日
5時40分起床後ルーティン
先月分の自分の経理とCF表作成、相続税の財産評価を少しずつ、セミナー動画制作を少しずつ
午後から、バイク10キロ
夕食後、家族で未来少年コナン鑑賞

<メルマガ「トライアスロン税理士の独立開業日誌」>
2022年10月1日スタート。毎日配信中。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<メルマガ「ひとり社長の仕事術」>
ご登録が一定の数に達した時点で配信開始します。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<You Tubeチャンネル「独立・開業コンサルタント 税理士 ユウジロウ」>
毎週金曜日、You Tubeで動画配信しています。
よろしければ、チャンネル登録お願いいたします。
こちらから

<サービスメニュー>

 

スポンサーリンク