スポンサーリンク




SNSは、諸刃の剣。辛くなったら距離を置こう<No 1042>

)ステッキですが・・

 

SNSで疲れたら

SNSの登場で、誰でも気軽に発信できるようになりました。

スマートフォンの普及が更に追い風となっています。

SNSはブログのような堅苦しさはなく、

  • いつでも
  • どこでも
  • 気軽に

投稿できます。

ただ、いつでも・どこでも・気軽であるが故に、SNS依存になることがあります。

いわゆる、「SNS疲れ」というやつです。

他人ごとと思っていましたが、付き合う範囲が広がるにつれ対策が必要になりました。

 

<セミナー情報>

SNSとの距離感と使い方

私が利用してるのは、

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Instagram

の4つです。

それぞれ独特の特徴があるので、使い分けています。

Twitter

 Twitter を使い始めたのは2016年の12月からです。

ブログを始めたのがその年の4月なので、かなり遅れて始めています。

急激に高まったブログへのアクセス元を調べていたところ、
ボスが私の記事をTwitterに載せてくれたのがわかりました。

それまで、ブログとSNSの併用というアイデアは全く頭に入っておらず、
そこで初めてブログ記事をSNSで発信することを知りました。

Twitter利用前までは、直接か検索でしかブログにアクセスしていただけなかったのが、
Twitter利用後は、そこから来ていただけるようになりました。

ただ、Twitterは拡散性が強いものの、使い方を誤ると炎上します。

他人から見て炎上までいかなくても、投稿した本人にとっては些細な言葉がダメージとなることもあります。

故に、頻繁につぶやくことはせず、ブログ記事を載せるにとどまっています。

人によっては、「記事だけ載せるのは良くない」という方もいらっしゃいますが、
私は影響力の拡大よりも自分サイズのチャレンジと穏やかな生活を優先します。

また、TwitterはPCでもスマートフォンでも閲覧できます。

 見ようと思えばいつでもどこでも見られます。

しかし、一度見てしまうとエンドレスで、自分の使い方を決めておいたほうが賢明です。

私の場合、

  • スマートフォンで見ない→アプリ消去
  • 朝食まで見ない
  • 18時以降は見ない
  • 移動中に見ない

と決めています。 

スマートフォンにアプリがあると、どこでも開くので消去しました。

朝、ルーティン中に見るとタスクが予定どおりに終わらないので朝食までは見ないと決めています。

ネガティブな投稿が目に入ると睡眠に支障をきたすので夜には見ません。

移動中、フォローしているブログをinoreaderで読んでいます。

ハマると一番抜けられないのがTwitterかもしれません。

「疲れたな」と感じたら距離をとるようにしましょう。

 

Facebook

Facebookもブログを始めてからでした。

Facebookで繋がる場合、Twitterと違って友達申請が必要です。

申請しても相手側に承認してもらえなければ繋がることはできません。

元々、不特定多数と繋がることは望んでいないので、友達申請できるのは「友達の友達」に限定しています。

使い方に慣れてなくて、知らない人からガンガン友達申請が来る場合、
「設定」→「プライバシー」から「あなたに友達リクエストを送信できる人」を「全員」から「友達の友達」に変更しましょう。

(大きなグループに入るとあまり意味はないですが)

知らない人と友達になっても、その後やり取りすることはほぼありません。

Facebookでは、Twitter同様自分のブログ記事だけを投稿しています。

Twitterと異なるのは、友人に対して私の安否確認となること。

私が生きていることを知ってもらうための投稿です。

ブログをわざわざ見に来てくれる方ばかりではありません。

Twitterのアカウントを持っていない方も多くいます。

ただし、Facebookのアカウントだけは持っているという方は少なからずいます。

Facebookは、そういった方と繋がる役割をはたしてくれています。

 

Instagram

アカウントを所持していますが、最近はほとんど投稿しておらず休眠状態です。

  1. 早寝早起き
  2. ルーティン
  3. 仕事
  4. 平日毎日ブログ
  5. バイク&ラン
  6. 家族との時間
  7. 読書

でいっぱいなので入る余地がありません。

 

LINE

スマートフォンをiPhone6sからGoogle pixel3aへ機種変更した時にアカウントが消えました。

LINEの友達がすべて消えても、ネットで生きていればなんとかなる<No 804>

 

友人・知人・家族とのやり取りがこのとき全て飛んでいます。

その後、無理に復旧はしていません。

今、LINEでやり取りしている人は両手で収まります。

元々、LINEはビジネス利用に適していないと感じていたので不幸中の幸いと前向きにとらえています。

LINEで仕事の通知が夜や週末に来るのは避けたいものです。

 

<サービスメニュー>

辛くなったら距離を置く

SNSは便利さを通り越して、いまや人間の時間や精神を奪い取ります。

昨今、いたたまれない事件にも影響していますし。

SNSは、諸刃の剣。

辛くなったら距離を置きましょう。 

 

<編集後記>
4時45分起床後ルーティン
税務監査訪問、税務署でダイレクト納付申請、法務局で自社の印鑑証明書を入手

<ポジティブ日記>
19日の日曜日

  • DHバー装着で気分はトライアスリート
  • バイクシューズとペダルも同時装着
  • バイクで初めてのキロ1分台
  • 娘とお買い物
  • 家族で「ハケンの品格」鑑賞(「Motivation〜」が頭から離れない)

 

スポンサーリンク