スポンサーリンク




二番煎じでも、そこに何かが加われば「味」になる<No 779>

 <サーバトラブルについて>

サーバトラブルにより過去記事の画像が一部消失しご不便おかけしております。

)理美容組合で指導講習

 

 

必ず誰かがやっている

誰も考えつかないような新しいことをやろうとしても、
なかなか思いつくものではありません。

大概のことは、すでに世の中の誰かがやってるものです。

となると、凡人(私も含めて)には、誰かの真似しかできないかというと、
そういうわけではありません。

取っ掛かりは、誰かの真似であっても、
そこから自分なりのエッセンスを吹き込んでいけばオリジナリティが出るものです。

 

 

二番煎じでも、そこに何かが加われば「味」になる

税理士として独立後、2年半が経ちました。

事務所を持たず、自宅と兼ねている税理士は結構いるでしょう。

人を雇わずにひとりでやっている税理士も少なくありません。

ただ、そこからどういった色をつけていくか。

自分の場合だと、

  • ブログを書く
  • HPを自作でつくる
  • 固定電話を置かない
  • 携帯はほぼ待ち受け
  • 半日だけ働く
  • 育児・家事は当たり前
  • 休日に仕事をしない
  • 毎日、昼寝をする
  • ランニングをする
  • 4時半に起きる
  • 18時に夕食
  • 21時半に寝る
  • サッカーは深夜でもライブで観る
  • コミュニティに参加する
  • コミュニティを自分でつくる

など。

自分なりのエッセンスを吹き込んでいけば、それなりの味になります。

また、ポリシーを持って生きていれば生活の満足度も上がります。

 

コンサルティング

新たに業としてのコンサルティングを始めました。

そのなかで私が選んだのはキャッシュフローコーチ(以下、「CF」。)です。

CFの数はすでに400名を超えています。

そのなかでどうやって色を付けていくべきか。

対象となるお客様を

  • 業種で絞るのか?
  • 規模で絞るのか?
  • 地域で絞るのか?

いろいろありますが、今の段階で絞ることはせず
アプローチの仕方を変えてみました。

  • ブログ・HPに記事を載せる
  • Instagramビジネスで投稿する
  • チラシのイラストを依頼する
  • チラシを作成し地域コミュニティに配る
  • 人海戦術で人にアプローチ

など、これまでネット一辺倒だった営業を対ひとにも
広げるようにしました。

 

働き方より「生き方」

商品やサービスとしての色を変えていければ良いですが、
ひとりビジネスだと難しいものです。

その点、サービスそのものではなく、それを提供する人
つまり自分を変えることで色を変えていく。

それが味になっていきます。

 

 

<編集後記>
4時起床後、W杯 対オランダ戦 観戦
6時からルーティン
午前中、HP改善
午後から、ブログ執筆

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク