「話す」を仕事にしたければ。人前に出ることを意識する<No 433>

Pocket

 

)32年ぶりの母校

 

 

32年ぶりの母校

本日、母校で租税教室の講師をしてきました。

対象は小学6年生。

教室で話すのかと思いきや、
体育館で学年全体118名の児童をお相手に
話して来ました。

赤面症で、よく泣いていた子供が、
マイクを持って人前で話すなんて、
人生わからないものです(^^;)

 

 

失敗の数で成長する

租税教室の講師をするのは今回が初めてです。

事前に1度、説明を受けてはいました。

しかし、直前の担当部署とのやり取りで
「むむむっ?」と不安材料が出てきました。

これは、現場を見ておかないと💦

そう感じて、4日前に下見をさせてもらいました。

 

下見だけで5割は済んだもの

確認することは、

  • PCの動作
  • プロジェクターは動くか
  • スクリーンは見やすいか
  • カーテンは閉めるのか
  • ケーブルは足りているか
  • DVDは映像・音共に良好か
  • PCを置くテーブルはあるのか
  • 黒曜石が指輪と化さないか

など。

これらをしていると、すぐに1時間経過しました。

当日は、開始30分前に到着する予定でしたので、
当日でしたら完全にタイムアウトです。

担任の先生にもお手伝いしてもらうことで、
当日の段取りを覚えておいてもらいます。

下見は機器の動作チェックだけでなく、
イメージトレーニングにも役立ちます。

  • 自分の立ち位置がどこで
  • PCをどこに置いて
  • 視線をどこにやるのかなど

これで、作業の5割は終わったようなものです。

 

そうは言っても失敗は起きる

どれだけ下見をしても、
どれだけ当日うまく進んでいても、
どこかでアクシデントは必ず起きます。

今回は、途中でMacBook Proが固まりました。

次のスライドへ移ろうとプロジェクターを見ると、
何も映っていません。

キーボードを触ろうとすると、
タッチパッドも固まっていて沈みません。

そこで、

  1. 授業終了後に配る予定のスライド資料を配付してもらう
  2. 予備のPC(Let’s note)を立ち上げる
  3. MacBook Proを再起動

これらを同時に進行しました。

幸い、資料の配布とMacBook Proの復旧が同時
だったので、資料は手元に置いてもらって、
授業はそのまま続けることが出来ました。

 

 

次回、地元ネタは使えない

今回は母校ということで、
地元ネタを入れ込みました。

また、32年前の卒業アルバムを
授業終了後に紹介したので
その食いつきぶりも半端なかったです。

しかし、地元ネタは地元でしか使えません。

次は、さらに「話す」を磨く必要があります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
4時35分起床後、MIT
5時18分からルーティン
午前中、母校の体育館で租税教室
午後から、ブログ執筆