スポンサーリンク




「武器」と「営業力」が掛け合わさったときに仕事になる<No 774>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

誰も通っていない道を通れるか。

)ランニングでヘアサロン12キロ往復

 

 

仕事を得るには何が必要なのか?

どんな仕事でも同じでしょうが、技術があってもそれを売り込むチカラがなければ
モノは売れません。

大企業ならCMや紙面による広告、最近だとSNSを使った広告など
豊富な資金で売り込むことができます。

一方、中小零細企業や個人は営業活動に投入できる資金が限られています。

小規模な事業者が少ない資金でも仕事を得るには何が必要なのか?

 

 

「武器」と「営業力」が掛け合わさったときに仕事になる

「武器」はあるか?

資格が武器になるには弱い時代になりました。

一昔前、税理士をとって看板を上げればそれなりに食べていけたようですが、
今はそれだけでは食べていけません。

税理士であることをベースとして、そこから強み(武器)を見せる必要があります。

  • 相続
  • 調査
  • 外国関係
  • 事業承継
  • 業種特化

など。

勤務時代にこれらに関わっていれば、独立後もスムーズに仕事を取れるのでしょうが、
ごく普通の街の事務所であれば、そういった武器はありません。

そのために、強みがないことへ危機感を持ちながら
勤務している方もたくさんおられることでしょう。

私もその一人でした。

では、武器を得るために勤務時代、何か行動したのかと言えば、
それは出来ませんでした。

理由は、職場を変えて、受験環境が変わるのを恐れたからです。

結果、武器を持たずに独立しましたが、勤務時代のお客様に助けられて何とか生きています。

ただ、今の仕事が未来永劫続くことはありません。

なので、独立以降、常に(武器を探すために)バットは振り続けています。

 

「営業力」はあるか?

特殊な武器がなくても、営業力があれば仕事がとれることもあります。

過去、現在、未来の付き合いに対してうまくアプローチできているか?

過去

出身大学による派閥もあるこの業界ですが、
大学繋がりで仕事に発展することもあるようです。

残念ながら、私の出身大学(4年制)は少子化の影響により消滅しました。
(母校がない税理士は稀有でしょう)

よって、このルートは利用できません。

 

現在

また、受験生活が長期に及んだために交友関係も狭まりました。

受験中の方は、年賀状だけでも出しておく、
SNSで「いいね」するなどして繋がっておきましょう。

 

未来

同業どうし横の繋がりも大切ですが、武器がないと横の繋がりでは仕事は生まれません。

よって、新たな人と出会っているか、新たなコミュニティにどれだけ入っていけてるかが大切です。

カモにばかりなっていないか、今の自分を見つめてみましょう?
(必要なモノは自分から取りに行く)

ただ、ガツガツいってしまうと場の空気がシラケます。

あくまでも控えめに、今できることをそれとなく伝えるくらいに留めておきましょう。

 

ネット

ネットの威力は凄まじく、武器を使わなくてもリアル営業をしなくても
文章力、発信力があれば頭一つ抜けることができます。

  • HP
  • ブログ
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

それぞれの特性があるので、自分に合ったツールをプッシュしていくと良いでしょう。

ただし、身を削ることもあるので注意が必要です。

 

 

別の実になる

実際、何が仕事になるかはやってみないとわかりません。

先日は、参加したセミナーで交わした名刺から、
私のブログセミナーにご参加していただくことがありました。

 

 

蒔いた種が別の実になって返って来ることもあります。

 

 

 

 

 

<編集後記>
5時20分起床後ルーティン
午前中、ブログ執筆
午後から、PCに会計ソフト導入後、お客様に返却

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク