スポンサーリンク




トライアスロンはウェアで気分を上げる。春夏ジャージ&ショーツ<No 1215>

 

トライアスロンはウェアで気分を上げる

桜が散り始めた今日このごろ、トライアスロンのシーズンがやってきました。

4月11日の石垣島を皮切りに、11月まで日本各地で開催されます。

5月の大阪城と7月の赤穂(兵庫県)にエントリーしている私は、来月の大阪城に照準を合わせてトレーニングしています。

コロナでマラソンレースが軒並み中止となるなか、トライアスロンは間引きして開催してくれています。

マラソンランナーの方にはこの機会に挑戦していただきたいです。

トライアスロンを始めるにあたってのボトルネックはバイクの購入ですが、それについては過去記事を。

トライアスロンショップで情報収集。背中を押してもらいたければ、腰を上げて会いに行く<No 899>

トライアスロン初心者のための、バイクの選び方<No 914>

スイムが経験済みなら、ゴーグルと競泳用水着はお持ちでしょう。

これからでしたら、とりあえず間に合わせで問題ありません。

私はAmazonの適当なもので済ませました。

水着 メンズ 【 メンズ競泳水着セット 】 Dripx スイムウェア フィットネス スイミング ゴーグル スイミングキャップ 防水スイムバッグ 吸水タオル 5点セット (ブラック, XL)

スイムキャップは出場したレースでいただけます。

ランニングも始めはTシャツやジョギングウェアで足ります。

その後は練習会や周囲を見ながら、バイクとランで兼用できるウェアを揃えていきたいところです。

私の場合、バイク購入当初はランニング用のウェアで乗っていました。

 

暑くなって来たら膝丈でお尻にパッドが入ったレーシングパンツに変え、

)タイツ(左側)、レーシングパンツ(右側)

寒くなれば、膝までのタイツを履いていました。

ただ、細い私の足だとタイツがずり落ちるので、肩紐のあるビブショーツに変えました。

MEN’S CORE WINTER TIGHTS WITH PAD ¥18,500

前述のレーシングパンツとタイツはトライアスロン用ですが、ビブショーツ(Rapha)はサイクリング用です。

ビブショーツの内側は裏起毛で保温性があり、大阪なら真冬のライディングでも快適でした。

このビブショーツに味をしめ、その後は上に羽織るジャージ、その上に羽織るジャケットもRaphaで揃えました。

Raphaの「Men’s LONG SLEEVE CORE JERSEY」

メンズ コア ウィンター ジャケット

気に入ったウェアで揃えると週末が楽しみなり、厳しいトレーニングにも耐えられます。

冬が終わりお役御免となったウェアに代わり、春から夏に適したウェアが必要になります。

<セミナー情報>

 

Raphaの春夏ジャージ&ショーツ

下は先程のレーシングパンツでも構いませんが、トライアスロン用よりもサイクリング用の方が種類が豊富です。

今回、春夏モノ上下をRaphaで揃えました。

ジャージ

メンズ ブルベ ライトウェイト ジャージ

これまで(4月9日)この半袖だけでライディングしたのは20度近くになった1度だけ。

それ以外は、前述の長袖ジャージを上に羽織っていました。

)勝尾寺ヒルクライムにて

このとき、首元の白いシャツがこのジャージです。

週末、京都方面に130キロのライディングに行く予定なので、そのときにはジャージを脱いで半袖になるでしょう。

ライトウェイトジャージのメリットはポケットの数。

背中に3つのポケットがあるのは普通なのですが、その上にジップ付きで大きめのポケットが付いています。

このポケット、先程の長袖ジャージが入ります。

さらに、胸元と左の脇腹あたりにもポケットが一つずつ、合計6つのポケットがあります。

リュックを持参しなくても、暑くなったら長袖ジャージを半袖シャツのなかに仕舞え、

  • スマートフォン
  • 栄養補給ゼリー
  • 決済用カードケース

もそれぞれのポケットに分散して入ります。

スマートフォンやゼリーは3つ揃いのポケットに、大事なカードケースはジップ付きのポケットに。

Raphaのジャージを着るまでは、ランニング用のリュックを背負っていましたが、今はリュックは持ちません。

ショーツ

1年履いたレーシングパンツがヘタってきたので、ライトウエイトジャージと共に膝丈のサイクルパンツを新調しました。

メンズ コア カーゴ ショーツ

両ももにポケットがあります。

購入した冬用のビブショーツにはポケットがなく、「あればなぁ」と思っていたので、ポケットありのカーゴショーツにしました。

ポケットありだと 16,000円
ポケットなしだと 11,500円

差はありますが、職人さんの手間暇と考えます。
(自分じゃ1年かかってもつくれないので)

スマートフォンも入ります。

スマホをいくつも持つことはありませんが、何かと便利です。

Raphaのジャージは丈が短いので、背中からスマホは取りづらく、カーゴのポケットの方が取りやすいです。

初心者のうちはリュックを背負っていても問題ありませんが、そのうちタイムを測って記録を狙うようになるとリュックが邪魔になります。

基本、荷物は、

  • スマートフォン
  • デビットカードを入れたカードケース

ぐらいで済ませるようにしています。

ドリンクはボトルケースに置けますし、栄養補給は行った先のコンビニでも買えます。

リスクマネジメントの意味合いで、これからのシーズンにオススメします。

これでレースに出る予定です。

スイムのときは、もちろんウェットスーツを着ます。

<サービスメニュー>

好きなウェアで気分を上げる

マラソンやトライアスロン、ロードレースのようなきつい運動するときは、テンションが上がるウェアを身につけるのがオススメです。

私も週末のヒルクライムや練習会、長距離ライドはきついのですが、好きなウェアが着られる週末を楽しみにしています。

<編集後記>
4月8日木曜日
4時30分起床後ルーティン
午前中、住居のネットが無料になったのでeo光ネットを解約。
ネット会社なのに解約だけ電話のみのところが・・

官庁までランニング往復、そのまま講習受講。

午後、昼寝20分のあとスイム練の予定が2時間近くリビングで爆睡。
娘と妻がわちゃわちゃしているなかで、よく寝れたもんだなと。

スイムは断念してブログ更新。
21時就寝、翌5時起床。久しぶりに8時間寝ました。

スポンサーリンク