スポンサーリンク




WordPressのテーマは豊富。自分のイメージにあったものを選べる<No 100>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

)Wordpressのテーマ選択メニュー

 

WordPressを選んだ理由

 

私がこのブログの執筆に利用しているのは「WordPress」というブログサイトです。

WordPressはどなたでも無料で利用できます。

私がWordpressを選んだ理由は、ブログを自分の手で改良することが出来るからでした。

お金を払って有料で作ってもらえば時間の短縮にはなるのでしょうが、

初めは良くても、その後、サイトのリニューアルをしてもらう度に、コストが発生していては、

思うような改善が出来ないだろうと感じました。

(ブログ作成は、独立後のHP作成も兼ねていたので)

WordPressを使い始めて5カ月になろうとしていますが、これまで使った感想は、

「やっかいだけど、磨けば磨くほど光るカワイイやつ」です。

WordPressを使い始めた当初は、ブログサイトに入ることが出来なくなってしまったりして、

ブログネタを考える以上に使いこなすことに必死でした。

それでも何とか、平日毎日ブログを執筆して皆さんにお届けすることが出来ています。

 

テーマが無数にあることが嬉しい

 

テーマとは、Wordpressで利用できるブログの雛形のようなものです。

WordPressのブログサイトに入ると、まずは自分が今後利用するテーマを選びます。

無数にあるテーマの中から一つを選ぶことは困難ですが、

「いつでも、何回でも、無料で」変更できるので、悩む必要はありません。

私が最初に利用したテーマは、「Twenty Fourteen」です。 

オーソドックスなスタイルで、慣れるまで利用しました。

その後、「Ravenna」に変更しました。

ヘッダー画像がスライドするところを気に入って使っていました。

そのうち、真ん中3つの固定タイトルが気になり変更しました。

その後、現在の「SeaSun」に落ち着きました。

 

 

カスタマイズメニューも豊富

SeaSunを選んだ理由は、頭のタイトルとメニュー表示を中央に持ってきたかったからです。

それと、ヘッダー(メインの画面上)で右のサイドバーを隠すことでした。

右サイドバーを隠せるテーマが意外となくて見つけるのが大変でした。

どのブログでも、最初の画面で本人画像を見せることが「おきまり」のようですが、

あえて人と違うことをトライしています。

WordPressは、このように各テーマでそれぞれの特徴があるのですが、一つのテーマの中で、

自分オリジナルのカスタマイズをすることが可能です。

テーマによっては、英語表記のものもあります。

ですが、ほとんどが日本語表記で、カスタマイズの二択や三択のみ英語表記など、

選択して気に入らなければ、元に戻すことが出来るので気になりません。

 

人に頼らずに、オリジナリティーをだす

WordPressでは利用できるテーマが無数にあり、それぞれのテーマの中でも、

自分好みにカスタマイズできるので、オリジナルのブログを創り出すことが出来ます。

また、HP機能も追加することができるので、ありきたりの「どこかで見たような」HPにはなりません。

毎日、ブログ執筆に追われていますが、Wordpressのカスタマイズは楽しくて、いい気分転換になります。

ただし、気がつくとあっという間に時間がたっているので、要注意です。

 

 

[ad#ads1]

 

 

 

<編集後記>

税理士会より登録申請に関する面接通知が届く

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク




1 個のコメント