スポンサーリンク




WordPressブログの表示速度が遅いと感じたときにできること<No 602>

「いやいや、俺が一番わかってんねん」

WordPressでブログを書いていると、
ちょこちょこ壁にぶつかります。

  • ネタがない
  • 時間がない
  • 気力がない

これらに加えてもう一つ、「表示速度が遅くなる」という壁があります。

いわゆる「重い」というヤツです。

このブログも例外ではなく、持病のように常に悩まされています。

あまりに重いので、セミナーに参加していただいた方に2度もご指摘を受けました。
(それぞれ別の方です)

「いやいや、俺が一番わかってんねん」と。

これまで、対策を立て何とか乗り切って来ましたが、
先日はトップ画面が表示されるまで30秒以上かかるという体たらくぶり。

あまりに重くなったので抜本的にブログを改良しました。

 

 

WordPressブログの表示速度が遅いと感じたときにできること

スライダーの削除

これまで使用してきたテーマは、「STORK」です。

 

STORKの売りはトップ画面に表示されるスライダーです。

 

スライダーでページが右から左に流れることで、人の目につきやすくなるのですが、
やはり速く表示させるという点においてはネックになっています。

そこで天秤にかけてみました。

どちらを優先すべきか?

スライダーによるPVの増加 < 30秒以上かかることによる離脱

答えは明らかです。

早速、スライダーを取り払いました。

Q「スライダー取ったら、もうSTORKの意味ないんじゃないですが?」
私「いや、わかってんねん。」
私「わかってんねんけど、紅の豚もエンジンをオーバーホールしながら
大事に乗ってたやん(^^)」

すると、それまで30秒以上かかっていたのが、10秒前後に改善されました。

 

 

投稿の数を減らす

トップページに表示される記事の数も多くなると
速さの妨げになっているので減らします。

これまで20記事に設定していましたが、10記事に減らしました。

根本原因ではないにしろ、コードがわからないので出来ることは限られています。

プロからすると、国家予算の話をしているときに、
「その前に議員の給料を下げろ」と言う桁違いに小さい話であるのでしょうが💦

 

Autoptimizeで高速化

プラグインもいろいろ試してみましたが、なかなかうまくいかず。

そんな中、効果てきめんだったのが「Autoptimize」です。

 

Autoptimizeは高速化プラグインの一つです。

Autoptimizeをインストールしたら、「設定」ー「Autoptimize」を選びます。

 

ここで、3つのチェックボックスにチェックを入れて、
「変更を保存してキャッシュを削除」クリックします。

 

右上の「高度な設定を表示」で細かい設定ができますが、ここでは割愛します。

この状態で、サイトを表示させると5秒程度になりました。

サイトをPageSpeed Insightsで計測すると、パソコンが84とかなり改善されています。

 

モバイルは未だに赤表示ですが💦

(注)Autoptimizeを入れることで、他のプラグインへの悪影響もあるようなので、
インストール後に不具合があれば停止しましょう。

 

スポンサーリンク

持病に付き合えるか

自身でブログを運営すると、常にメンテナンスが必要です。

場合によっては抜本的なオーバーホールも。

これをプロに有料で頼めば簡単だしストレスにもなりません。

どちらを選ぶかは人それぞれです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
6時00分起床後ルーティン
午前中、自分の月次決算、2キロランニング
午後から、ブログ執筆、保育所お迎え、実家で娘の竹馬レッスン