スポンサーリンク




Airレジ × クラウド会計で「売上入力」の「二度手間」をなくす<No 490>

)MacBook ProとAirREGI

 

 

「現金売上」を「デジタル」に

クラウド会計(というよりCSVファイル)導入以降、
税理士業務もかなり効率化されました。

自身の経理に関しても、
これまでの10分の1に時間短縮され
一定のメリットもありました。

ただ、現金払いの領収書については、
依然として手入力が避けられません。

そこから転じてお客様の現金売上について考えました。

  1. 取引時に雑記(お客様)
  2. 売上帳に転記(お客様)
  3. 売上帳から会計ソフトに入力(お客様又は税理士)

これに振替伝票を入れるともう一つ工程が増えます。

これをITでなんとかならないかなと考えたところ、
POSレジアプリを検証してみることにしました。

 

 

POSレジアプリ「Airレジ」

POSレジアプリもたくさんありますが、

  • 認知度
  • 初期費用の低さ
  • イメージカラーの青が好き

という理由でAirレジを検証してみることに。

ちなみにAirレジはリクルートが運営しています。

 

 

レジ機能が0円

これまで数十万円していたPOSレジが、
Airレジたど「レジ機能が0円」です。

対応アプリのダウンロードとアカウント登録だけで利用できます。

 

対応ハードは「iPhone」又は「iPad」

ただし、ハードは自前で揃える必要があります。

対応ハードは、「iPhone」又は「iPad」の二択です。

導入前の検討は「iPhone」で行い、
導入後の店頭には「iPad」を購入して置くのが現実的でしょう。

(iPadを元々持っているなら最初からiPadで)

 

無料でアカウント登録

利用するにはアカウント登録が必要です。

大きい画面の方がわかりやすいですので、
私はPCで登録しました。

管理画面は「Word Press」に似てますね(^з^)

 

 

Airレジ × Airペイ

Airレジは、他の自社製ソフトとも連携可能です。

Airペイと連携すればクレジット決済もできるようになります。

ただし、審査があるので業種によっては許可が下りないことも。

特に「士業」が選択肢に一つもなかったので、
税理士だと恐らく厳しいのでは。

 

 

Airレジ × クラウド会計

Airレジ対応のクラウド会計は、

  • マネーフォワード
  • Freee
  • 弥生
  • TKC

の現在(2018年4月)4社です。

クラウド会計と連携すると、
Airレジで現金決済しただけで、
売上データがクラウド会計に連携されます。

しかも、毎日自動で。

マネーフォワードなら、
「データ連携」→「ビジネス」で登録できます。

 

これなら、従来2度3度としていた同じ作業が、
Airレジ決済時の一回で済みます。

お客様サイドの負担は軽減されるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

税理士の営業ツールになるか?

税理士が「Airレジ片手に営業する」
なんてことが可能なのかどうか?

既存のお客様へのサービスとしては
可能でしょうが。

新規の飛び込みはないかなと。

お渡しする名刺の兼ね合いもありますしね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

<編集後記>
4時30分起床後ルーティン
午前中、セブンイレブンで印鑑証明書発行、chatworkでヒアリング、法人決算作業、2キロランニング
午後から、ブログ執筆、読書