スポンサーリンク




特技(資格)は「トンカチ」から「アーミーナイフ」に磨きあげる<No 728>

その資格をテコにする

「トンカチを持たせると、なんでも釘に見える」という話があります。
 
転じて、「手段を限定してしまうと、物事の本質が見えなくなる」といった意味で使われます。
 
やり方が一調子だと、結果も同じようなものにしか辿り着きません。
 
資格も同じです。
 
資格を取るのはいいですが、資格を取ったためにその資格に縛られてしまうことがあります。
 
例えば税理士。
 
ステレオタイプの税理士は、
  • 事務所を構えて
  • 人を雇い
  • 繁忙期には夜や土日も働き詰め
  • 地味な仕事ながらも、努力すれば高額報酬を得られる
 
と言ったところでしょうか。
 
 
 
実際、独立後に出会う人からは、
  • 事務所はいつ構えるの?
  • 人は雇わないの?
  • 繁忙期お疲れ様
なんてことは言われます。
 
 
 
ただ、ゴールが決まった人生なんておもしろくないですし、他人と同じ人生もつまらないです。
 
資格をとったからこそ、その資格をテコにしてレバレッジを効かせます。
 
トンカチでなく、アーミーナイフのような生き方です。

 

アーミーナイフ(出典 Wikipedia)

キャンピングナイフ、多機能ナイフ、十徳ナイフ(じっとくナイフ)または、機能数に応じて○徳ナイフと呼ばれることもある。また、マルチツールという呼び方もある。

 

 

特技(資格)は「トンカチ」から「アーミーナイフ」に磨きあげる

トンカチだけを売ってしまうことはよくある話しです。

相手の話をよく聞かず、「自分の売りたいもの有りき」で売ってしまう。
 
税理士であれば、
  1. 何でもかんでも顧問契約を勧める
  2. 何でもかんでも法人化を勧める
  3. 〇〇対策だと言って、高額報酬を得る
など。

 
税理士業以外であれば、ネットビジネスが繁栄したことで、情報弱者に高額の情報商材を売るなんてこともよく目にします。
 
その人が本当にそのサービスを必要としているなら良いですが、
情報弱者であれば、何が自分にマッチしたサービスなのか判別がつきません。
 
 

正直であること

営業時代、スナックのママとの商談後に、
「あなたから買いたい」と言っていただいたことがありました。
 
そのとき私がやったのは、新旧カラオケ機器の
すべてのメリットとデメリットを正直に話すことでした。
 
結果、当時数百万円する最新機器をキャッシュでご購入いただきました。
 
ただ、正直がいつでも受け入れられるかと言えば、そんなことはありません。
 
 

お互いハッピーになれる

正直に話したが故に、破断となった話しは昔も今も数多くあります。
 
それでも、アーミーナイフの如く、いくつかのサービスを持ち合わせ
そのなかから、お客様のニーズに合ったものを提示して選んでいただく方が、
お互いにハッピーになれます。
 
顧問契約するかどうかの話しであれば、メリット・デメリットを伝えます。
 
顧問契約することで、打ち合わせの頻度が上がります。
打ち合わせの頻度が上がると、決算までの時間に余裕が生まれます。
時間に余裕があると、お客様の財務状況をより正確に把握できます。
正確に把握することで、処方できる選択肢の数が増えます。
 
対して、お客様側の金銭的負担が上がるというデメリットもあります。
 
メリットがデメリットを超えられなければ、ここでアーミーナイフの出番です。
 
お客様が自分で出来るようになる、「コンサルティング」という安価な単発サービスがあります
入門レベルを理解していただく「個別相談」は、より安価な単発サービスです
セミナーなら参加者同士の交流もあります
 
 
複数の選択肢をお客様に提示します。
 
そして、最後に決めるのはお客様自身です。
 
そこで選ばれなければ自分に魅力がなかったということ。
 
なお一層の精進に励みます。

 

 

スポンサーリンク

 

<編集後記>
4時50分起床後ルーティン
午前中、打ち合わせで箕面まで
午後から、ブログ執筆


仕事帰りに出先のローソンでコーヒー買おうとレジに並びました。

クルー(店員)は見かけ70代の女性です。

LINE Pay対応できるかと不安になりましたが、難なく対応していただきました。

変化のスピードは想像以上に速いです。

 

 

Zoom限定「お試し15分無料」

・1度話してみたい
・雰囲気を知りたい
・サービス内容を詳しく知りたい

サービスご利用前の不安な方のために設けました。

※ Zoomのご利用方法はこちらから
※ 税務相談は含まれておりません