スポンサーリンク




ブログづくりは、お金で買えない価値づくり<No 577>

ブログのおかげ

ブログを始めたのは2016年4月22日です。

時折ブログにこうして書くので即答できます。

今日で577記事目となりましたが、
このブログのおかげで色んな意味でいい影響を受けています。

 

 

ブログづくりは、お金で買えない価値づくり

「ブログを書いている税理士は暇な税理士だ」なんて声もあります。

そこは時間に対する考え方の違いでしょう。

仕事優先の生活で、空いた時間は「仕事で埋めるもの」という考え方。

それもありでしょうが、どれだけの人がこの空いた時間を有効に使えているのか。

これまで私が経験したいずれの組織でも空いた時間ができると、
同じ仕事がどこからともなく降ってきました。

真面目にコツコツ追加の仕事をこなしてもインセンティブはありません。

なければ結局、既存の仕事をダラダラ引き伸ばしてしまう。

そのために、真面目に働く人が損をする。

そんな真面目な人からすると、
「昼間からブログなんてけしからん」となるのでしょう。

 

「働き方」から「生き方」へシフトする

結局、根底にあるのは、「働くことが最優先されるかどうか」ということでしょう。

働くことが行動の最優先事項であると、時間が空けばいつまでも働いてしまいます。

実際のところ、以前の私もそうでした。

事務所の都合で自宅勤務の期間があったとき、
朝から深夜まで税務の仕事をしていました。

「眼の前の仕事を片付けなければ」と。

今、思い返すとその頃の働きが今にどう影響しているのかと言えば、
何もありません。

ただ、「給料をいただいた」それだけです。
(前向きに考えると、記事のネタにはなっています)

「楽しかったな」「今に役立ってるな」という思いはなく。

通常の事務所勤務でも同じことが言えるでしょう。

一方、独立してからの私はというと、
時間の捉え方を「働き方」から「生き方」に変えました。

生き方の中に、

  • 種まき(未来にやりたり仕事)
  • 家族とのふれあい
  • ブログ
  • 仕事

があります。

仕事は、生き方の一部分にすぎません。

もちろん、生きていくためにはある程度のお金が必要ですから
仕事を邪険にすることはできません。

ただ、以前のように「働くことが最優先される」ことはなくなりました。

今は、必要最低限の仕事をしてブログを書いたら、後は自分と家族の時間という具合です。

 

 

ブログづくりは、お金で買えない価値づくり

必要以上に働かず、自分や家族を優先する生き方を可能にしたのはこのブログです。

このブログを書いていなければ、今の生活スタイルは生まれなかったでしょう。

それぐらいブログは私にいい影響を与えてくれました。

ブログは書いているときは孤独な作業ですが、
発信して誰かに届けばそこから輪が広がっていきます。

SNSに乗せると更にそのスピードは加速します。

おかげで、全国各地の色んな方と繋がることができました。

この方なんて、いまだに会ったことありませんが、オネエ言葉で優しく声をかけてくれます。

 

また、セミナーで初めてお会いする方からも、

  • 「今日も4時半起きですか?」
  • 「今日のブログはもう書いたんですか?」
  • 「うちの子、娘さんと同じ5歳です」

なんて笑顔で話してくれます。

会う前からこちらのことを知ってくれていると話も盛り上がります。

こういった関係性は、お金で買うことはできません。

ブログを書き続けているからこそできることです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
0時38分起床後ルーティン
2時42分から7時まで仮眠
午前中、ブログ執筆
午後から、セミナー会場下見、ヨドバシでSurface 「豪」チェック


深夜の暴風雨で夜中?に目覚めました(9時就寝)。

寝られそうになかったので、仕事部屋でルーティン開始。

一段落ついたので、横になっていたらいつの間にか7時まで爆睡してました。