スポンサーリンク




独立後「やりたいこと」が出来ていないのなら。おススメの三冊<No 354>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

待っていてもやって来ない

独立前からいろんな本を読んでいました。

そこには、独立後まもなく

  • 親族が声をかけてくれた
  • 友人から依頼された
  • 知人を紹介してくれた

などと書かれていました。

漠然とそんなもんなのかと思っていましたが。

私には何も起こりませんでした。

今思えば、それが良かったのかもしれません。

 

 

おススメの三冊

何も起こらないならどうするか?

自分で動きます。

しかし、税理士という職種上飛び込み営業を
するわけにもいきません。
(若いころは考えていましたが…)

このときも、読書が助けてくれました。

 

自分の棚卸をする

独立起業系の本には、
「自分ができることを」
しっかり自覚すること。

多くの書籍に書かれていますが、
なかなか簡単なことではありません。

そんな中、この頃読んでためになった
本があります。

 

 

 

フォーカルポイント / ブライアン・トレーシー[著]

ビジネス、プライベートにかかわらず、
人生を、

  • シンプルにする
  • レバレッジをかける
  • アクセルを踏む
  • マルチ化する

ことで、大切なことを見極める能力(フォーカルポイント)を
身に着けます。

紙とペンを用意して、ゆっくり読み込んでいくと、
自分のやるべきことが浮かび上がります。

これらをリスト化したものを朝起きてから読むことを
ルーティンにしています。

 

 

 

はじめての野心 / 中村慧子 

こちらは、独立起業を目指す方にお勧めの本です。

著者は野菜ソムリエの資格を持った元女優。

自らを「野心家」と呼びます。

元女優という肩書を差し引きしても、
その行動力は見習うべきであり、

  1. 棚卸(自己分析)
  2. 自分ができること
  3. 自分がやるべきこと
  4. 自分が進むべき方向性

の後押しをしてくれます。

先日、記事にした「資格に逃げない」というフレーズは、
この本から得ました。

独立当初、税理士になったにもかかわらず

  • 宅建士
  • ビジネス実務法務検定
  • プライベートバンカー
  • 中小企業診断士

などさらなる資格取得を考えていた私を
思いとどまらせてくれた一冊です。

 

 

レバレッジ・マネジメント / 本田直之

本田氏のレバレッジシリーズのなかでも、
ビジネスの基本的なことが書かれています。

 

私が最初に読んだ同氏の著書は、
「レバレッジ・リーディング」でした。

より読書にのめり込むきっかけになった1冊です。

この人のいいところは、MBAを持っているのですが、
大手コンサル出身でないので、
「PDCA」的な言い回しはありません。

それでいて、起業の先人として厳しい言葉を投げかけてくれます。

また、デュアルライフ(ハワイと日本を行き来する生活)を実践
されているので、少数派を目指す方にもおススメです。

 

 

読書は「自分の軸」づくり

ブログは、「自分の軸」づくりと
よく言っていますが。

読書も「自分の軸」づくりに必要です。

本の楽しみを覚えたおかげで、
老後の楽しみも一つ増えました(^^♪

 

 

<編集後記>
4時50分起床後ルーティン。ルーティンとは
6時からラン
日中勤務
帰宅後、夕食、ブログ執筆


 

ブログを書いていると、

「と~ち、ひよっこ最終回(録画)一緒に観よう!」

と言ってききません(>_<)

最初の歌だけ聞いて、「まいて」きました(^^♪

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク