スポンサーリンク




多読から三か月。本選びの基準 <No 59>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

本を選ぶ基準

1位 ビジネス実務    25冊

2位 ビジネスストーリー 14冊

3位 HOW TO     11冊

4位 学者もの      7冊

5位 文学        5冊

6位 名言集       3冊

7位 時間術       2冊

2016年に、これまで読んだものを、

ざっくりジャンル分けすると、

このようになりました。

私の本を選ぶ基準は、

  • スタートアップ
  • 他業種からのヒント
  • 時間術
  • 文章術
  • お金の使い方
  • 生き方
  • イノベーションなど

今の自分には備わっていない、

「先人たちの経験」が、ひとつでもあれば、購入します。

 

 

ビジネス実務系書籍の定番化

このジャンルの著者の多くは、米国MBA取得後、

大手コンサル企業で経験を積んだ方たちです。

ビジネスの体系を理論立てて、解説しています。

やはり、学問として体系化されたものなので、

「この内容読んだなあ」と思うことは多いです。

肝心なのは、そこから著者自身が実践した経験が、

語られているか、そうでいないかで、その後の

記憶に残るかは決まります。

よって、このジャンルから「ビジネスストーリー系」

の書籍に興味は移りつつあります。

 

 

ビジネスストーリー系の実用化

このジャンルの中でも

  • 「時間軸に沿ったストーリー仕立てのもの」と
  • 「ストーリー仕立てではあるが、要点別にまとまりのあるもの」

に分かれます。

前者は、ビジネス実務系の書籍に比べて、より記憶に残ります。

ただし、エピソードとして記憶に残りますが、これを自身の

ビジネスに当てはめるとなると、そのような仕様になって

いませんので、自分で考えを発展させる必要があります。

後者は、ストーリー仕立てなので記憶に残り、かつ、

要点別にまとめられているので、より実践的な仕様

になっています。

 

その他のジャンル

 HOW TO系

 ピンポイント情報を得る

 学者もの、文学

 抽象的な概念が多いので、読み物として「考え方」を学ぶ

 名言集

 「生き方」を学ぶ

 時間術

 ビジネス実務系の中でも、

 必ず取り上げられているテーマなので、

 ビジネスパーソンにとっては、避けられない

 テーマです。

  • 早起き
  • 読書
  • すきま時間
  • 時短
  • IT

 知ることによって、0から1に引き上げられます。

 より実践的しやすいものが多いです。

 

読んだあとが大事

読書後は、モチベーションが高まります。

ただし、読みっぱなしにするのではなく、

得た情報をアウトプットして初めて読書

の意義が成立します。

  • 営業トーク
  • 社内トーク
  • 家族との会話
  • 商品開発

「一日一善」ならぬ、「一日一実践」、

心掛けています。

 

 

[ad#ads1]

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク