スポンサーリンク




「Mac」を「デュアルディスプレイ」で使用する場合。ディスプレイの位置設定は「ボックス」を動かす<No 370>

)MacBook Pro×デュアルディスプレイ

 

 

MacBook Pro導入からひと月経過

MacBook Proを購入したのが先月9月13日。

ひと月経過しました。

やりたいことはほぼ出来るようになりましたが、
まだまだ遠回りしていることも多々あります。

私の場合、MacBook Proとデュアルディスプレイを
接続しているのもその要因です。

 

 

ディスプレイの位置設定は「ボックス」を動かす

MacBook Proとデュアルディスプレイを接続すると、
合計3つのディスプレイになります。

  • MacBook Pro 1つ
  • デュアルディスプレイ 2つ

3つのディスプレイで仕事をすると、
作業効率は断然アップします。

しかし、設定をうまくしていないと、
マウスポインタの位置がうまくつかめません。

「あれ、ポインタどこ行っちゃったの?」

なんてことがよくあります。

なので、ディスプレイの位置を決めておきます。

 

 

ディスプレイの位置設定

Macで「ディスプレイ」の位置を変えるには、
画面の上にある「ディスプレイ風」のアイコンを選択します。

 

そこで「ディスプレイ環境設定を開く」を選ぶと、
次の画面になります。

 

ここで「配置」のタブを選びます。
すると下のディスプレイの形をした3つのボックスが現れます。

 

3つのボックスはそれぞれのディスプレイを表しています。
そして、これらのボックスを移動させることで、
ディスプレイ同士の「ならび」を変更することができます。

 

 

並びは「自分好み」で

まず、デュアルディスプレイの2画面は隣どおしで並んで
おくようにします。
そうでないと「ポインタどこ行ったの?」状態になるからです。

そして、Macのディスプレイを「一番右」か「一番左」
のどちらに配置するかは自分の好みで決めましょう。

私は一番左に来るように設定しています。

 

 

位置の変え方

まず、3つのうちのどのボックスが、
自分のどのディスプレイを表しているのかを確認します。

確認するには、ボックスの一つをクリックします。
すると、そのボックスを表すディスプレイが赤の枠で
覆われて確認することができます。

(スクリーンショットを撮ろうとしたのですが、
4つのキーを押しつつ位置指定をしなければ
ならず、至難の技で断念しました(・・;)

そして、移動させたいボックスをドラッグ&ドロップ
(クリックしたまま、移動して、離す)するとディスプレイの
位置も変わります。

 

 

白の帯はメニューバー

ボックスの中で一つだけ「白の帯」
がついているものがあります。

上の図だと一番左のボックスです。

これは「F4」を押したときにメニューバーが
表示されるディスプレイを表しています。

これを知るまで「F4」を押すたびに、
異なるディスプレイにメニューバーが表示されたので、
苦労しました^^;

 

 

ボックスが「上下」に動くのはなぜ?

このボックスは、左右に動かせるだけでなく、
上下に動かすこともできます。

なんのためにあるのかと、上下いっぱいに
動かしたところ、その動かしたディスプレイが
独立してしまい、他のディスプレイにポインタが
移動しなくなりました(・・;)

原因がわかるまでかなり焦りました。

上の図でいうと、
一番左の画面と真ん中の画面は、
重なった部分でしか接続されていないということです。

つまり、
一番左の画面の「右上部分」と真ん中の画面の「左下部分」
でしか、繋がっていないのです。

この「ゲーム」を理解するまで、30秒ほどかかりました(・・;)

 

 

 

[ad#ads1]

 

 

 

<編集後記>
4時35分起床後ルーティン。ルーティンとは
ラン12キロ
午前中、Pay-easyで社保納付、総務省統計ネットで入力(むむむ‥)
セミナー会場下見(守口市役所)
午後から、ブログ執筆


 

<メルマガ「トライアスロン税理士の独立開業日誌」>
2022年10月1日スタート。毎日配信中。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<メルマガ「ひとり社長の仕事術」>
ご登録が一定の数に達した時点で配信開始します。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<You Tubeチャンネル「独立・開業コンサルタント 税理士 ユウジロウ」>
毎週金曜日、You Tubeで動画配信しています。
よろしければ、チャンネル登録お願いいたします。
こちらから

<サービスメニュー>

 

スポンサーリンク