スポンサーリンク




税理士試験後、年内の過ごし方。勉強プラスアルファが血となり骨となる<No 90>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

試験後の時間はあっという間

税理士試験から早いもので3週間がたちました。

受験生時代、試験前はあれほど「あと何日しかない!」

と一日一日を貴重に過ごしていたのに、

試験後はあっというまに月日がたちます。

そして、来年に向けてのカリキュラムも9月から始まります。

 

次の科目は年内から始める

ラストの科目でない限り、ほとんど受験生が

年内から何かしらの科目を受講します。

人より長く寄り道をしたものとしては、

何かしらのアドバイスがしたくなります。

 

① まず、初学者で今回、簿記だけの受験であれば、

9月から財表一般クラス。

そして年明けは、簿記が合格ならそのまま財表。

不合格で専念なら、簿財のダブル受験、仕事があれば

簿記に戻る。

 

② 今回、簿財のダブルなら、9月から法人又は所得。

そして年明けは、両方合格ならそのまま法人又は所得。

両方不合格なら、簿財に戻る。

簿財の片方合格なら、法人又は所得&簿記又は財表。

と言いたいところですが、私は、これで長年苦戦しました。

働きながら、法人プラス簿記で長いトンネルに入ってしまいました。

働きながらの二科目受験は相当厳しいです。

精神的にも、肉体的にもかなりやられます。

法人所得を受けるときは、専念でもそうでなくても、

一科目に絞るべきです。

税理士試験は、単にいい点数取ればよいのではなく、

本試験会場で上位一割に入らなければならないのです。

どんなに直前期の成績が良くても関係ありません。

 

③ 今年は、会計科目の受験をし、

将来、税法大学院を視野に入れているのなら、

先に事務所に就職することをお勧めします。

大学院の法学部では、法律の知識は頑張ればなんとか

なりますが、事務所経験がないと、せっかくの2年間に及ぶ

授業が有意義なものになりません。

実務経験がないと、恐らくちんぷんかんぷんで、

何を言っているのか意味がわからず、

非常にもったいないです。

大学出たての生徒であれば、大学の授業をそのような

姿勢で受けてきたので、その延長で過ごしてしまいます。

その点、社会人で事務所経験があれば、実務に繋がるので

大きな成長となり、授業に臨む姿勢も大きく異なります。

 

受験生時代は気付かない勉強プラスアルファの強み

受験生時代、世間との隔たりを大きく感じ、

「これではいけない」と思いながらも、

目の前の勉強に集中する以外の答えはありませんでした。

それでも、合格発表までの年内だけは、次の科目を勉強しながらも

適度な息抜きはしていました。

  • 飲み会
  • バーベキュー
  • 富士山登山

これに加えてやっておけば良かったと思うことは、

「読書」です。

税法を勉強しだすと、理論を覚えること以外に

本を読む意識と気力が全くなくなりました。

当時は、「理論暗記以外のことに脳みそを使いたくない」

と思っていました。泣

税理士になりたい気持ちがあっても、なれるかどうか不安で

なった後のことまで考える余裕はなかったのでしょう。

そんな過去の自分に言いたいことは、

「大丈夫。なれるから、本を読め!」

 

 

[ad#ads1]

 

 

<編集後記>

8月27日の土曜日に、霞が関からいいものが送られてきました。

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク