スポンサーリンク




誰かに勝つのではなく、「自分」に勝つ。<No 383>

 

)血と汗の結晶

 

 

 

 

年内に「そこそこ」やっておく

来月12月には税理士試験の合格発表があります。

なので、この時期、次の科目を勉強していても、
「なかなか身に入らない」
なんて方も多いのでは。

ただ、プレッシャーが無いのでその分、
楽しく勉強できる時期でもあります。

いい結果なら、そのままの勢いで続けることが
出来ますし、仮にダメでも今やってることは、
来年以降の下準備になります。

プレッシャーのない時期に、
完全にチカラを抜くのでなく、
そこそこやっておくことで、
後々のアドバンテージになります。

 

 

最終的には「勝つまでやる」。

ペースメーカーを見つける

私が法人税法を受けている頃は、
受験者数が8,000人を超えていました。

それが、

  • 平成27年 6,079人
  • 平成28年 5,642人

と減少する一方です。

あの頃、法人税法の平日朝クラスが
満員で席の取り合いがあるほどでした。

当時は20代前半の若者や、
仕事を辞めて専念する方など、
いろんな年代の方がいたので、
友達を作りやすい環境もありました。

受験者数が減少した今では、
学校も多くのクラスを開くことは
出来ません。

必然的に友達を作るという機会も
減ってしまっているのではないかと
思われます。

そんな中でも、友達を作ることを
オススメします。

できれば、
「上過ぎず、下過ぎず」
「自分より少しできる人」
が理想です。

変に競争意識を持つ必要はありませんが、
こういう方が身近にいると、
ペースメーカーになり得ます。

そして、自分を一歩上に引き上げてくれます。

相手にとったら自分は「格下」になりますが、
そこは別のカタチで相手に貢献します。

  • 話を聞いてあげる
  • 経験があれば実務を教えてあげる
  • 食事に付き合う

など。

どっぷり深くなる必要はありません。

付かず離れずの関係がいいでしょう。

 

 

誰かに勝つのではなく、自分に勝つ

「自分に勝つ」ことは、
相手がいようがいまいが関係ありません。

最後は、自分との戦いなのですから。

  • 仕事で疲れたアタマで理論の一節を覚えた
  • 電車で、スマホを見ずに理論を見た
  • 夜の学校帰り、盛り上がる人混みを尻目に家路についた
  • 合否に一喜一憂しない
  • 発表後も淡々と来年に向き合う
  • 残業をしない心の強さ
  • 職場でいい人にならない
  • 自分の人生に責任を持つのは自分だけ
  • 勉強できる環境を死守する
  • 転職も辞さない

試験は逃げませんが、
「試験から逃げる」
材料はいくらでも見つかります。

どれだけ苦戦しても、
最後に合格すればいい。

他の誰でもない、

「自分に勝つ」ために。

 

[ad#ads1]

 

セミナーではブログで書けないこともお伝えします。

 

<編集後記>
4時36分起床後ルーティン。ルーティンとは
午前中、法人決算、書籍執筆
午後からブログ執筆

 


 

)縄跳び練

その後はエンドレスの「鬼ごっこ」

いい運動になりました(^^;)

スポンサーリンク