スポンサーリンク




Road to 40代からのハーフマラソン。前日受付でQちゃんからランレッスン<No 867>

大会が近くなったらカラダのケア

本番の1週間前から、故障回避のため長距離(10キロ以上)を走らないようにしました。

10月5日   8.00キロ
10月10日 14.00キロ
10月14日   8.00キロ
10月19日 18.00キロ
10月23日 10.00キロ
10月26日 14.00キロ
10月30日 6.00キロ
11月1日 7.00キロ
11月3日 21.27キロ(淀川ハーフ完走)

 

右膝は足の着地を変えてから痛みがなくなったのですが、
代わりに左のふくらはぎとももを19日の18キロで痛めていました。

そのため、それ以降は短い距離にして、後はストレッチなど体のサポートに努めることにしました。

週1で鍼灸と柔整に通ったのも、完走の要因でしょう。

そんなこんなで前日を迎えました。

 

 

前日受付でQちゃんからランレッスン

申し込み

私が走った大阪・淀川市民マラソンは、

  1. 前日受付
  2. ゼッケン事前送付(当日に行くだけ)

と申し込み方法が二つあります。

前日受付のハーフは、6,500円。

ゼッケン事前送付は、前日に行く必要がなく、その分7,800円と高くなります。

私は自宅から会場まで15分程度と近いので、前日受付を選択しました。

 

前日イベント

大会のゴールゲートがすでに立てられており、沿道もしっかり作られていました。

大会前日にはイベントがあります。

  1. 11:00 ブラスバンド演奏
  2. 11:30 特別ランクリニック
  3. 12:00 特別ランクリニック
  4. 13:00 特別ランクリニック
  5. 13:30 特別講座
  6. 14:00 Qちゃんと遊ぼう!
  7. 16:00 特別ランクリニック
  8. 16:30 終了

14時過ぎに行くとすでに、「Qちゃんと遊ぼう!」が始まっていました。

 

「Qちゃんと遊ぼう!」

200人ぐらいの方がじっくり聞いていました。

 

「遊ぼう!」とはありますが、ランニングに関することを
プロの視点を入れながら、わかりやすく説明してくれます。

「野口さんが〜」「川内くんが〜」など。

一流選手のエピソードも多く、すぐに使える実践技が満載でした。

  • 前日の入浴は洗剤をつけずに体を撫でる程度にしておく(小出監督談)
  • 鎖骨の下にあるツボを押す
  • 当日スタートの4時間前までに起床する
  • 当日スタートの2時間半前までに食べ終える
  • その後は、菓子パンやサプリ
  • スタート1時間前は水分やゼリーのみ
  • スタート前にアップをしても10分程度何もしなければチャラになってしまう
  • なのでスタート地点で膝回しや足首などを常に回しておく

 

走りについても、詳しく教えてくれました。

スタートしてから前半のうちは腕のチカラを使って足を動かします。

腕を降ると自然と足が出てくることを利用して、
足の大事な筋力を後半にとっておくそうです。

カラダをやや前に倒すことでも、自然に足が出てきます。

また、スタート直後はほとんど(人で)動かないので、焦って前へ出ようとしないこと。

人をかき分けてジグザグに走ると、足のあらゆる部分を使ってしまいます。

省エネで走るには、間寛平さんのような「すり足がいい」と言っていました。

これは私も知っていたので、以前から実践していました。

特に膝を痛めてからは、膝に衝撃がいかないよう足を高くあげずに
すり足で走るようにしていました。

中盤は、本来の走りに切り替え、後半また辛くなってきたら
腕の振りを利用して足が出てくるようにすると言っていました。

他にも、ストレッチをその場で実演してくれたり。

 

14時から始まって、小1時間ほどで終わるかと思っていたのですが、
15時になっても終わらず、予定していた次のスケジュールがあったので、
後ろ髪を引かれながら15時半でその場を後にしました。

ランクリニックを受けたことがなかった私にとっては非常に有り難い話です。

Qちゃんのサービス精神は抜群でした。

 

受付

大会スタッフが各テントに3名いる受付カウンターが50メートルほど並んでいました。

 

それ以外にも、テーピングをするブースやサプリを販売するブース、
サポーターやランニンググッズを販売するブースもありました。

 

ショップでは現金だけでなくクレジットカードも使えました。

右膝用のサポーターは、3年以上使っていてボロボロだったので、
今回、新調しました。

 

ふくらはぎを守る膝下用のサポーターも購入しました。

 

 

淀川マラソンでの特典

特典が結構多くありました。

  • トートリュック(5千円相当)
  • 大会オリジナルTシャツ

を前日にいただきました。

トートリュックは結構しっかりしたものですが、少し小さめだったので娘にあげました。

また、当日のゴール後には、

  • ペットボトルの水
  • エナジージェル
  • 写真を撮ってもらえる

写真は、スタート前にも会場にいるカメラマンの方から声がかかると撮ってもらえます。

私はゴール後に撮ってもらいました。

後日、有料ですがネットから購入できます。

 

 

前日イベントには参加しよう

コーチングを受けたことがない方は、前日イベントに参加すると得られるものが多いです。

Qチャンのコーチングがあったおかげで、かなり快適に走ることができました。

 

<編集後記>
5時30分起床後ルーティン
午前中、CFコーチ準備、ブログ執筆
午後から、クライアント先でCFコーチング、夕食後にブログを書き終える

スポンサーリンク