スポンサーリンク




大阪北摂ヒルクライムVol3・野間峠 東側。トンネルを抜けたら展望カフェ<No 1338>

)野間峠・東側のスタート地点「妙見口」交差点にて

大阪北摂ヒルクライムVol3

10月10日の日曜日、大阪府豊能町にある野間峠を東側から登ってきました。

前回のヒルクライムは9月23日なので、17日ぶりのライドです。

その間、ランニングはしていましたが、日があいているので、ペースは抑え気味で臨みました。

野間峠 東側。トンネルを抜けたら展望カフェ

自宅を出てから北摂方面(大阪府北部)へ。

まずは、勝尾寺ヒルクライムの麓、スタート地点近くでトライアスロン仲間と合流しました。

そこから西田橋へむかい、この日一回めのヒルクライムスタートです。

最近はひとりマイペースで登ることが多かったのですが、この日はタイムアタック中の仲間に引っ張られることに。

1回めのヒルクライムを終え、勝尾寺で少し休憩した後、高山公民館へ向いました。

この標識が見えたら右に曲がり4号線に入ります。

勝尾寺から高山公民館まで6キロ程度。

勝尾寺ヒルクライムを1本終え、いつもなら流しながらのんびりこいでたのですが。

久しぶりに走ると、微妙な登りが地味にキツく。

前と結構離されちゃいました。

この日のグループライドは高山公民館で終了。

その後、離脱する人、妙見山へ行く人と別れます。

私は、妙見山へ行く人と金石橋の交差点までご一緒し、そこから別れ単独で野間峠方面へ向いました。

野間峠・東側

4号線から423号に変わりそのまま北上し、国道沿いのローソンでエネルギー補給。

その後、野間峠・東側スタート地点の妙見口の交差点に向います。

)妙見口交差点

野間峠を東側から登るのは今回が2度めです。

1度めは、標識を見落として素通りしてしまい。

余分に体力を使ったので、野間峠を登ったあとは、そのまま来た道を降りて帰路につきました。

今回は、体力を残しているので、野間峠を登ったあとのイベントは盛りだくさん。

ヒルクライムはYou Tubeにも動画を上げていますので、よろしければこちらもご覧いただければ。

写真にある妙見口の交差点を左に曲がり605号線に入れば野間峠・東側ヒルクライムのスタートです。

605号は423号に比べるとクルマの量は少なく、田舎道なので走りやすいです。

緑の景色が少ないうちはまだ走りやすく、緑が深くなるにつれて景色を見ている余裕はなくなります。

この日は、並走するバイクも西側から上がってくるバイクもなく、最後まで私ひとりでしたので終始マイペースで走ることができました。

野間峠は東側が1.5キロと、西側の3.3キロよりも短く登りやすので、最初は東側から攻めたほうがいいでしょう。

西側は、東側から登ったあとに西側へ降りて、どの程度の傾斜かイメージ(覚悟)できてからのほうがいいかもしれません。

西側は、距離は勝尾寺よりも短いですが、傾斜は勝尾寺もキツいところがあります。

フロントギアはアウターでスタート。

途中キツいところでそうそうフロントアウター縛りは無理だと思いインナーに入れました。

)野間トンネル

そうこうしているうちに、野間トンネルが見えたらヒルクライムのゴールです。

傾斜がキツいところは無理せずにギヤを落としましょう。

そこさえクリアできれば問題ありません。

1.5キロと短いですし。

野間峠を登ったあと

峠を登ったあとの選択肢は4つ

  1. トンネル到着後、来た道を引き返す
  2. 少し先にある展望カフェでくつろいでから引き返す
  3. そのまま前進し→野間の大ケヤキ→北上し堀越峠(西側)→大阪方面へ
  4. そのまま前進し→野間の大ケヤキ→南下し川西・池田から大阪方面へ

一番省エネなのは1ですが、せっかくなんでせめてカフェへは行っておきたいところ。

ただし、カフェは頂上のトンネルからやや下ったところなので、東側へ降りるにも少し登らなければなりません。

この日、私が選んだのは2と3のコンボ。

展望カフェでくつろいでから、野間の大ケヤキで休憩し、最後に堀越峠・西側で悶絶しました。

4のそのまま南下し川西池田方面から降りてくるルートだと登りは119メートルで済みます。

展望カフェとセット

野間峠を東側から登ったら、展望カフェには是非とも足を運んでいただきたいところです。

展望カフェからの眺めで心が安らぎ、それまでの疲れを癒してくれます。

<編集後記>
10月12日火曜日
5時30分起床後ルーティン
午前中、月次給付金、9月決算対応、税務監査訪問準備、You Tube撮影。
午後からYou Tube編集、整体で肩と膝のメンテナンス。
帰宅してからブログ更新。

スポンサーリンク