スポンサーリンク




税理士試験合格テクニック。法人税法合格まではすべてを捧げよう<No 60>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

税理士試験 最難関

難関の税理士試験の中で、もっとも合格が難しいとされるのが、

「法人税法」です。

税法科目の中での受験者数は、消費税法に次いで2番目ですが、

受験者の「質」が、圧倒的に異なるでしょう。

 

 

最難関の理由

一般に、会計科目の簿記論・財務諸表論

を入口科目とし、これらに合格した人達が、

選択必修科目の「法人税法」合格を目指します。

よって、会計科目の受験者は、受験初心者で

ありますが、法人税法の受験者は、合格率

10%をくぐり抜けた方たちです。

 

 

理論(条文)の数

法人税法の理論の数は、90題を超えます。
(大原理論サブノート参照)

  • 所得税法 68題
  • 相続税  57題
  • 消費税  47題
  • 固定資産税 24題
  • 酒税 20題

半端ないです…

 

理論の傾向

もともと、税法理論は、専門学校が条文を

要約したもの(理サブ、理マス)を丸暗記して、

その覚えた条文を書くだけでした。

ですので、一時一句暗記していれば良く

「覚えた理論の数」と「速記の速さ」が

合格を左右しました。

これは、内容を理解していなくても、

勉強時間を多くとれる学生にとって有利であり、

仕事をしながらの社会人にとっては、

不利な内容でした。

そんな状況を変えるためなのか、

55回の植田卓試験委員より、

度肝を抜かれる内容に変わりました。

  • ベタ書きがなくなる
  • 事例問題で頭をつかわせる
  • 理論で計算をさせる
  • 計算で理論(記述)をさせる
  • 問題用紙が増える

当時は、もはや専門学校にいっても

対応できないと嘆いてました。

ベタ書きがなくなった今となっては、

関係ない話かもしれないですね。

 

法人税法攻略のカギ

受験生時代、多くの法人税法合格者を見てきました。

その中で、気づいたことは、圧倒的な成績上位者よりも早くに合格する人の

傾向がありました。

 

判断が早い

この方たちは、成績上位者のような、知識の裏付けはなくても、とにかく

判断が早いのです。

ですので、判断を間違えれば即アウトになるのですが、

自分なりの判断の法則を事前に決めているために、

極度の緊張状態の本試験でも、次から次へと問題をこなすことが

可能になります。

もちろん、飛ばすこともこの中に入ります。

要は、本試験で悩まない、自分なりの哲学を事前に確立しているのです。

 

速さと、きれいさは反比例する

ベタ書きがなくなったとはいえ、合格率は変わらないので上位10%に入る

必要はあります。

よって、「書く速さ」の必要性が健在です。

速すぎると、字がくずれて読んでもらえないリスクは生じます。

その兼ね合いが難しいですが、早期に合格する方は、

  • 速さは    8
  • 字の大きさ 10

  最大10

速さを最大まであげることはせずに、字が大きいのが特徴的でした。

勿論、字を大きくすれば、その分書く量も増えることから不利なのですが、

速さを少し落とすことにより、字を大きくすることを可能にしていました。

私も、「速くかつ大きく書く」ように心がけた2年目に合格しました。

それまでは、より速く書くために、字を小さくしていました。

合格には、「速さときれいさ」の絶妙なバランスが必要です。

 

合格への道

合格に必要なことは、まず、成績上位3割に入ること。

これで、合格率は50%です。

3割に入った後は、より上位を目指すのではなく、ベクトルを変えます。

本試験でより速く、より多く、より正確に解くことを心がけます。

 

本試験、死に物狂いで書きまくり、頭をフル回転させました。

試験終了後、脱水症状に近い状態で、会場を出たのは一番最後でした。

 

平成23年度、その年の法人税法に合格しました。

 

法人税法。

人生かけましょう。それが受験資格です。

 

 

[ad#ads1]

 

セミナーではブログで書けないこともお伝えします。

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク




1 個のコメント