スポンサーリンク




税理士試験直前期にやれることは限られる。なら、「やらないこと」を決めておく<No 480>

)ボールペンの替え芯

 

 

立ち止まって考える

本試験まで残すところあと4ヶ月。

5月になるといわゆる「直前期」がやってきます。

税理士試験はどの科目も出題範囲が広いので、
どれだけやっても先が見えてきません。

直前期になると「あれもこれも」と気持ちが
焦りがちになります。

そうならないために、直前期前のこの時期に
一度立ち止まって考える時間を持ちましょう。

 

 

やらないことを決めておく

税理士試験は小手先のテクニックで通る試験ではありません。

  • 思考
  • 時間
  • 体力

持てる全てを動員して初めて合格ラインの土俵に上がります。

ただ、動員できるこれらの資源は限られているので、
逆算で「やらないこと」を先に決めておきます。

 

メンタル

どれだけ時間があっても、どれだけ優秀でも
メンタルが駄目になると勉強し続けることはできません。

そして、試験会場に行くことすらできないかもしれません。

そうならないためにも、メンタルは安定させておきましょう。

メンタル面で排除すべきは、「外野の声」です。

長年、受験し続けていると外野の声がうるさくなってきます。

  • いつまでやってんの?
  • 今年は受かったん?
  • もうやめたら?

お節介な人はどこにでもいます。

こんな輩(やから)に自分の夢を語らせてはいけません。

聞くべきは、

  • 試験を突破した人
  • 自分より前にいる受験生

の声だけです。

受験生活に入るとどうしても交友関係が狭くなります。

なので、その数少ない友を無くしたくはありません。

しかし、メンタルにダメージを与える人は、
例え長年の友人であっても離れましょう。

いつか突破したときに、また交友を深めればいいのです。

それが出来なければそれまでの関係だと思いましょう。

大丈夫です。

税理士になれば素晴らしい同士がたくさん出来ますから(^з^)-☆

はい、今は楽しくて仕方がないです。

 

 

試験委員対策

直前期に始まるのが「試験委員対策」です。

どの学校も5月から新たな論点として、
試験を出題する委員のバックグラウンドから
出題されそうな論点の対策を取ります。

これが厄介です。

これまで見たことのない理解に苦しむ論点も数多くあり、
かなりの時間を浪費します。

それでいて、出題される確率はかなり低く。

時間対効果を考えると、あまり長い時間をかけることは
得策ではありません。

試験委員対策は、

  • Aランクと
  • サクッと解ける

問題だけを確実しておきます。

それ以外は、本当に時間が余ったときに見る程度に
しておきましょう。

 

 

税法はヤマをはらない

同じ科目を何年か受けていると多少の余裕は出てきますが、
「余裕で受かる」という自信が付かないのが税理士試験です。

その理由の一つが、試験範囲の広さ。

税法、特に法人税法の範囲の広さは半端ありません。

どれだけやっても終わりが見えない範囲の広さには、
自身の受験生活にも当てはめてしまいそうになります。

これを乗り越えるのは、積み木を積むが如く
一つずつ確実にモノにしていくしかありません。

ヤマを張っていいのは1年目だけです。

2年目以降はすべて覚える気持ちで挑みましょう。

確実にすべての論点を抑えているのが上位3割。

そこから、

  • 当日の体調
  • 当日のひらめき
  • 当日の運

をモノにした方に女神が微笑みます。

 

 

 

スポンサーリンク

後は、サイコロの目を待つだけ

あなたが上位3割にいるのなら、
すでに相当の努力をされています。

後は、サイコロの目が出るのを待つだけです。

その目が1回で出るときもあれば、
10回で出るときもあります。

ただ、共通していることは、
サイコロは受け続けた人だけに与えられるということ。

 

スポンサーリンク

 

セミナーではブログで書けないこともお伝えします。

 

<編集後記>
5時00分起床後ルーティン
午前中、e-Tax送信、chatworkでやり取り、事績報告書作成、書籍加筆・修正
ブログ・HPカスタマイズ

午後から、HPカスタマイズ、ブログ執筆