スポンサーリンク




繁忙期でもメインPCを買い換える。本業+ITスキルの必要性<No 673>

)窓からの朝焼け

 

 

仕事に影響がないことを祈りつつ

パソコンを買い換えると新規の設定にはそれなりの時間がかかります。

CD-ROMを使ってインストールすることはなくなりましたが、
ネットで完結できるサービスでも面倒なことはあります。

本来なら暇な閑散期にでもやればいいのでしょうが、365日同じ生活スタイルなので迷うことなく行いました。

まぁ、仕事に影響がないことを祈りつつ。

 

 

繁忙期でもメインPCを買い換える

今回、Surface Pro6を購入したのが1月12日土曜日の午前中でした。

自宅に戻って昼から設定を緩く初め、その日は夕方でいったんストップし、
残りは日曜日の午前中で終えることができました。

細かなカスタマイズはその都度改善することに。

 

スタートにピン留め、タスクバーにピン留め

パソコンを買い換えたら全ての設定を一からやり直さなければいけません。

頻繁に使うソフトやサイトもその都度取りに行くのは面倒です。

なので、Windowsなら早いうち、アイコンを

  • スタートにピン留めするか
  • タスクバーにピン留め

します。

この点、MACならトラックパッド上で親指と3本指を近づけると
Launchpadと呼ばれるアプリの一覧が画面ぎっしりに表示されます。

 

Windowsにもこれがあると便利なのですが。

あと、デスクトップに大量のショートカットアイコンは避けるようにします。

セキュリティ上も見栄えもよくありません。

 

クラウドストレージの同期

PCに何でもかんでも保存しておくと、そのPCがだめになったら中のデータもそれで終わってしまいます。

なのでクラウド上にデータを保存しておきます。

私が利用しているのはDropbox(2G、無料)とOneDrive(1TB、有料)です。

Office365を購入するとOneDriveの1TBが付いてくるのでオススメです。

DropboxでもOneDriveでも、新しいPCからそれぞれのサイトへ入ると簡単に同期することができます。

昔のようにパソコンの中にあるデータを移し替える必要もありません。

 

辞書の移動

文字入力で使い慣れた単語は辞書ごと移動できます。

なので、旧PCに登録された辞書を新しいPCに移し替えます。

Google日本語入力だと、タスクバーにある文字入力のアイコンの上で右クリックすると
次の画面になります(旧PC)。単語登録を選んで次に行きます。

 

 

「ユーザー辞書の編集」に入ります。

 

すると、これまで登録した単語の一覧が表示されるので、「管理」を押します。

 

ここで、「選択した辞書をエクスポート」を選ぶと辞書が格納されたテキストファイルを保存することができます。

 

このファイルをクラウド上に保存します。

次に、新しいパソコンにGoogle日本語入力をインストールします。

今度は、同じ手順で「選択した辞書にインポート」を選ぶと新しいパソコンでも
同じ辞書を使うことができるようになります。

 

Evernote

Evernoteを自身のアカウントから新しいPCにインストールするとノートの読み込みが自動で始まります。

私のように大量のノート(個人のノート2200。ビジネスのノート5300)を保管していると、
同期が終わるまで1時間ほどかかりました。

そのあいだ、Evernoteに触るとエラーになるので、そのまま触らないようにします。

早めにインストールしてほったらかしにしておくのがベターです。

Evernote もネット経由で全て行えるのでデータを物理的に移し替える必要はありません。

 

メールソフトの移行

4つのアドレスをOutlookで管理しています。

このうち2つを取り込むことができませんでした。

Outlookに代わる案を模索中です。

 

 

JDL(会計・税務ソフト)の移行

今回、最大の難所でした。

世の中これだけクラウドが叫ばれるなか、ひとつのPCに限定にされるのはイケてないです。

まぁ、「繁盛してサーバー機を入れてください」ということなのでしょうが・・。

インストール時に表示された所要時間は20分程度だったのですが、なかなか終わらず・・

原因は、Adobeのリーダーをインストールしていなかったので PDF ファイルが表示されず、
エラーになったからでした。

インストールを4度やり直すはめに。

一度、権利を購入したらどのパソコンからでも利用できるような体制にしてもらいたいです。

結局、かかった時間は2時間55分。

そのほか、

  • IC カードリーダーのインストール
  • 第4世代の電子証明書のインストール

など。

それでも半日×2日で概ね完了したのは、思いのほか上手くいきました。

 

 

スポンサーリンク

本業以外のITスキル

本業のスキルは食べていくために当然必要ですが、
ITスキルもそこそこないと、「5分で終わるタスクが数時間かかった」なんてことも。

そこそこ自分でやって、無理ならプロに頼む。

見極めの速さは大切です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
2時20分起床後ルーティン
午前中、JDLで償却資産申告、STREAMEDデータ取り込み
午後から、ブログ執筆


年末調整、法定調書、償却資産、給与支払報告書が、おおかた終わりました。

今回、法定調書に加えて後者2つもネットで完結できるようになったのはかなりの前進です。

所得税申告も、紙の申告書控えはお客様用だけにして、事務所用はペーパーレス管理することに決めました。
(添付資料の原本はお客様に返却する)

これにタブレット&タッチペンが加わったので、ペーパーレス化が加速しそうです。