スポンサーリンク




売上に繋がらなくても、便利になるならそれでいい。ジャブは打ち続けるべし<No 845>

)昼から飲めないワインを少々

 

 

売上に繋がらなくても、便利になるならそれでいい

以前、通っている整体で、Airレジ導入について話したことがありました。
 
あわよくば、仕事に繋がればと思って。
 
その後、体調が良くなったので、半年ほど通わない時期がありました。
最近、再び通い始めたところ、カード決済対応になっていました。  
 
今回、仕事にはなりませんでしたが、現金を持参する必要がなくなったので、
これはこれで良かったなと。
 
自分の声がきっかけになったかどうかはわかりませんが。
 
​自らアクションを起こした結果、自分の成果につながらなくても、
その恩恵を自分が受けることができるのなら、それはそれで結構なことです。
 

 

 

ジャブは打ち続けるべし

美容院にて

通っている美容院でカット中に電話が鳴ると、その都度スタイリストさんの手が止まります。
 
何か代替案は無いかと考えて尋ねたところ、
既にネット(ホットペッパー)予約に対応していました。
 
​ただ、ネットと電話の比率は3:7で電話のほうが多いとのこと。
 
改善策として、
  1. ネット予約をより普及させる
  2. 当日、次回の予約をしてもらう
  3. ヘッドマイクをつける

などが思い浮かびました。

ネット予約をより普及させるために、ネット限定の割引を設ける手がありますが、
ホットペッパーだと、既にクーポン割引はあります。

ただ、電話予約される方が、ネット予約の存在自体を知らない可能性があります。

なので、会計時にチラシを配るなどしてお願いする方法もあるでしょう。

自分の場合、カット当日に次回の予約をして帰るようにしています。
 
そうすると、ネット予約も電話も必要ありません。
 
これも、会計時に次回予約の聞き取りをマニュアルに入れれば、
客・お店双方の負担が軽減されます。
 
最後に提案したのが、ヘッドマイクを付けてカットしながら電話対応する。
 
これは出来そうですが、「予約のスケジュールをどうやって確認するのか?」と問われたので、
「スカウター 的なモノで対応しましょう」と。

 

 

駐輪場にて

勤務時代、地元駅の駐輪場で月額料金を払っていたのですが、
独立以降、電車に乗る機会が減ったので、当日利用に替えています。
 
​すると、利用のたびに現金が必要になります。
 
駐輪場には常時数名のおじいちゃんが待機しています。
 
指定場所に止めると、その傍らでおじいちゃんが160円を徴収するために待ち構えています。
 
​事前に小銭を用意しているときならいいですが、忘れて横で待たれると結構なプレッシャーです。
 
そんなときは、「PiTaPa(関西の交通系カード)は利用できないんですよね?」とジャブを入れ、
しゃべってもらっているうちに小銭を用意します。
 
​現場の方が、小銭の管理に煩わしさを感じないのであれば、
上層部にも声が上がらないのでしょう。
 
せめて、利用者の声を届けてもらおうと、ジャブを打ち続けています。
 

 

 

<編集後記>
5時15分起床後MITにて個別相談スライド作成、ルーティン
午前中、ブログセミナースライド作成と準備、整体にて柔整と鍼灸
午後から、ブログ執筆、ランニング11キロ

<メルマガ「トライアスロン税理士の独立開業日誌」>
2022年10月1日スタート。毎日配信中。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<メルマガ「ひとり社長の仕事術」>
ご登録が一定の数に達した時点で配信開始します。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<You Tubeチャンネル「独立・開業コンサルタント 税理士 ユウジロウ」>
毎週金曜日、You Tubeで動画配信しています。
よろしければ、チャンネル登録お願いいたします。
こちらから

<サービスメニュー>

 

スポンサーリンク