スポンサーリンク




「MacBook Air」と「MacBook Pro」。悩んだ末に決めたもの<No 343>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

この春までガラケーだったのに…

)MacBook ***

 

 

静かなるデビュー

これまで使ってきたPCは
Let’s note CF-SZ5。

パナソニックのノートPCです。

購入したのが2015年の夏だったので、
もう二年が経過しました。

問題なく動いてはいるのですが、

  • たまに動きが遅くなる
  • セミナー中、止まったら困る
  • 「2年周期で買い換え要」とのお台場よりの声

などの理由から新PCを吟味していました。

そこで、
「素人は見た目から」の発想で、
イメージカラーのブルーにしようと、

  • Microsoft Surface Laptop
  • VAIO C15

を候補に挙げていたのですが…

 

 

「MacBook Air」vs「MacBook Pro」

直前まで、
SurfaceとVAIOで迷っていたのですが、

「Surfaceは、重心が画面側にある」
ので、使いづらいかなと。
(自分の用途に照らして)

「VAIOは2.5㎏超」
今、使用しているLet’s noteが1㎏未満
なので、2倍以上の重量(-_-;)

ということで、これまで三番手だった
Macに光がさしました。

 

「Air」と「Pro」

Macのなかでも「MacBook」は 12インチで、
二台目以降の予備用でならいいのですが、
次期メインとしては、少しもの足りなさを感じました。

よって、
「MacBook Air」と「MacBook Pro」との比較。

Appleのサイトで吟味した後に、
先日、Apple Storeへ行きました。

「動画など高度なことをしなければ、
MacBook Airで十分」とのことだったので、
私もその気になって、その場を後にしました。

 

価格

「MacBook Air」は、¥  98,800~(税抜)
これに対して、
「MacBook Pro」は、¥142,800~(税抜)

4万円超の価格差です。

特に、高度な動画処理などはしないので、
「MacBook Air」に軍配です。

 

 

ディスプレイ

「MacBook Air」は、
13.3インチ(対角)LEDバックライト
ワイドスクリーンディスプレイ

対して、
「MacBook Pro」
13.3インチ(対角)LEDバックライト
Retinaディスプレイ

素人にも分かるのは、
「正面以外から見たとき」の違いです。

Airのワイドスクリーンディスプレイは、
正面以外から見ると、ディスプレイが
黒くなり画像が判別できなくなります。

対して、
ProのRetinaディスプレイは、
PCの角度をどのように変えても、
見え方は変わりません。

良いのはわかりますが、
そんなだらしない見方は
しないでしょう(^^;)

よって、
MacBook Airで十分です。

 

 

ポート

ここまでくると、
「MacBook Air」でほぼ決まりです。

しかし、自分の利用環境を考えたところ、
大事なことに気づきました。

「ポートが合わない」のです。

自分の利用環境はこんな感じです。

PHILIPSのデュアルディスプレイと
ノートPCを繋ぐには、
「VGA」と「HDMI」の端子がそれぞれ1つ
必要なのです。

Let’s noteには両方完備されていました。

しかし、Macのいずれにも、
「VGA」と「HDMI」は付いていません。

これをMacで繋ぐためには、
変換アダプタが必要です。

これらを繋ぐにはMac本体側に、
USB-Cが必要なのですが、
「MacBook Air」には、

  • USB 3ポート×2
  • Thunderbolt2ポート×1

しかなく、
USB-Cはないので繋げません。

シングル(1対1)で繋ぐことも可能ですが、
Apple純正だと「MacBook Air」のポート環境で
「VGA」と「HDMI」の同時利用はできません。
(汎用品でやっている例はあるようですが)

ということで、
予想に反して、予算オーバーになりました(^^;)

 

 

 

Apple Storeでセッティングも行える

購入後、希望であればApple Storeで、
簡易なセッティングをしてもらえます。

封を開け、写真をとる間、お姉さんが
笑顔で待ってくれています(^^)/

 

ついに…

 

「税理士×ブロガー×Mac」の仲間入りです(^^)/

 

 

[ad#ads1]

 

 

<編集後記>
4時35分起床後ルーティン。ルーティンとは
5時50分からラン
午前中、PC税務データ整理
西中島南方で友人とランチ、Apple Store(ヨドバシ梅田)

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク