スポンサーリンク




メルカリ評価で「良かった」をもらう売り方入門<No 1269>

)宅急便コンパクト

「良かった」割合、99.7%

メルカリでモノを売り買いするようになってもうすぐ3年です。

これまで売った件数は500件超、買ったのを合わせると1000に近い件数になります。

メリカリは、売り手と買い手が互いを評価します。

そのうち「良かった」をいただけた割合は99.7%。

対して「残念だった」は0.3%の2件です。

いずれも相手の方が、こちらの説明文を見落としていたので気にしていません。

ただ、メルカリで「残念だった」の評価が増えてしまうと、出品しても売れなくなります。

神経質になる必要はありませんが、ポイントさえ押さえていれば、トラブルなく取引を完了させることができます。

メルカリ評価で「良かった」をもらう売り方入門

自己紹介文は丁寧に

メリカリには自己紹介文を掲載することができます。

もちろん何も書かなくてもいいですが、自分が買う側のときに、自己紹介がない人から買いたいと思うか?

同じ商品を同じ値段で出品されていたら、私は自己紹介文がある人で、そのうち丁寧な人から買うようにしています。

ただ、これまで嫌な思いを経験したからか、強い言葉で、「やってもらいたくない」ことを書かれている方がいますが、これはマイナスかなと。

変な人が来るのを防ぐ効果はありますが、いい人も来なくなってしまうので。

売れた時点で一度連絡

出品した商品が売れたら、気づいた時点ですぐにお礼をコメントします。

自分が買う側の場合、買った直後に連絡があると安心するので。

とはいえ、私は2行だけ。

10秒あれば送信できます。

時間がかからず、簡単なことなのでやっておきましょう。

送った時点でも連絡

売れた時点で連絡を入れてれば、これはなくてもかまいません。
(送った時点で通知が行くので)

ただ、ダメ押しでもう一度送っておくと、印象は良くなります。

プチプチはマストでない

売れた商品をプチプチで梱包することがありますが、マストではありません。

通常は、透明のクリアポケットに入れています。

最初の頃は、大小クリアポケットを百均で買ってストックしていましたが、今は買ってません。

代わりに、届いたDMに使われているクリアポケットを再利用しています。

宛名シートは剥がすか、キレイに剥がせないならローラーインクで消して利用します。

プチプチにするとかさが増えて、ネコポスの厚さ3センチを超えてしまうので。

ガムテームで梱包しない

厳重に梱包すればいいと思うのか、たまにガムテームぐるぐる巻で送ってくる方がいます。

これをされると開封するときに難儀します。

どこが封筒の継ぎ目なのか判断できないので、1辺だけで開封できず。

2辺、3辺開けることになるからです。

そのため、封をするのは1辺のみ。

ビジネス書をA4の茶封筒で送るなら、糊付けしたあと、通常のセロテープで仮止めします。

このままだと、なかで本が動くので、茶封筒を二つ折りにし、上下の1辺のみをテープで留めて終了です。

これだと、最後に留めたテープ1辺を切るだけでなかの本を取り出せます。

自分がされて嫌なことは、自分のサービスに活かします。

挨拶状はいらない

大人のやり取りなら挨拶状を入れるところですが、メルカリの場合、

  • 匿名配送アリ
  • 一度キリ
  • ないのが大半

なので、私は入れていません。

もちろん、入っていれば嬉しいので、書いてダメなわけではありません。

書き込み・キズ・ドッグイヤー

本を売るときは、状態を詳しく書いておいた方が売れます。

  • 書き込み
  • キズ
  • ドッグイヤー

この3点があるなら必ず記載しておきましょう。

また、写真も2枚めか3枚めあたりに表示しておいた方がいいです。
(1枚めだとクリックしてくれない)

私が悪い評価を受けた1件は、文章では記載していたのですが、写真を添付していませんでした。

おそらくこれが原因でしょう。

帯の有無

これも本に関してですが、帯の有無は書いておきましょう。

写真があれば概ねわかりますが、はじめから帯のない本がたまにあるので。

サイクルが速くなる

メルカリを利用するまでは、買ったモノは長く使うことが前提でした。

モノの売り方を知れば、いい意味で買うのに躊躇がなくなります。

そうすると、インプットとアウトプットのサイクルが速くなるという効果が生まれます。

<編集後記>
6月30日水曜日
5時40分起床後ルーティン
セミナーお申し込み対応、新セミナーアップ。
プールまでランニングで行くも、臨時休業でした。

かわりに今日、リベンジしてきました(SWIM 1200m)

スポンサーリンク