スポンサーリンク




ネコポス or クリックポスト。メルカリで本を売るならどっち?<No 1104>

)ネコポス by らくらくメルカリ便

ネコポス or クリックポスト。メルカリで本を売るならどっち?

メルカリで本を売るようになってから、クリックポストを本の発送に利用していました。

クリックポストなら「切手」なし「手書き」なし、ポストに入れるだけ<No 569>

クリックポストなら切手を貼る必要はありません。

郵便料金はネット決済で済まし、プリントした宛名状を貼り付けてポストへ投函すれば完了です。

郵便ポストが自宅から近い私にとって、これまで他の選択肢を試すことはありませんでした。

クリックポスト一択の牙城を崩すきっかけとなったのは、暑さ3センチを超える本を売らなければならないことでした。

厚さ3センチを超えるなら、らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトBOX<No 1088>

 

「週4時間」だけ働く。

クリックポストが利用できる厚みは3センチまでと決まっています。

このとき、色々調べた結果、らくらくメルカリ便の宅配便コンパクトBOXを選びました。

クリックポスト以外の選択肢を備えていなかった私にとって、他の選択肢を試すきっかけとなりました。

これを期に、厚さ3センチ以下の本も、らくらくメルカリ便を利用してみることにしました。

「ネコポス」と「クリックポスト」の違い

らくらくメルカリ便は、大きさによりサービス名が異なります。

  1. ネコポス(A4サイズ・厚さ3cm以内・重さ1kg以内) 175円(税込)
  2. 宅急便コンパクト(小型のもの) 380円(税込)
  3. 宅急便(通常の宅配) 700円から

クリックポストと比べるのはネコポスです。

送り方

クリックポストの発送は前述の通りです。

プリントした宛名状を郵送物に貼ってポストへ投函します。

私はこれにずっと慣れていたのでそれほど面倒に感じませんでしたが、
宅急便コンパクトを経験したことで、これまでの当たり前を見直すことにしました。

ネコポスには宛名状を貼る必要はありません。

梱包だけした状態でコンビニへ持っていくだけです。

発送場所は、次のなかから選べます。

  1. セブンイレブン
  2. ファミリーマート
  3. ヤマト営業所
  4. 宅配便ロッカーPUDO

 

らくらくメルカリ便に設定していると、出品物が売れたときに発送場所を選択する画面が表示されるので、そこで上記4つのいずれかを選びます。

私は自宅から最短距離にあるセブンイレブンを指定しました。

発送場所を指定しネコポスを選んだらバーコードが表示されるので、そのバーコードをレジの定員さんに見せると手続きをしてくれます。

最初のうちは、私から「ネコポス、お願いします」と声をかけていましたが、
バーコードを読み取れば、ネコポスであることがレジに表示されるので今は何も言っていません。

店員さんから宛名状を差し入れるビニールが付いたシートを渡されるので、それを自分で貼り付けます。

その後、渡されたレシート(会計のレシートとは別)をビニールのなかに挟めば完了です。

初回、戸惑うかもしれませんが、言われた通りにやればOKです。

気になるなら、レジが空いているときにしましょう。

互いに追跡できるか?

会計のレシートをもらってレジを後にしたら、送った商品の販売ページにて発送ボタンを押せば完了です。

購入してくれた方には配送状況が表示されます。

メルカリアプリではこのような画面になっていますが、送り状番号を押せばヤマト追跡システムから送ったものが今どこにあるのかがわかります。

クリックポストの場合、郵便局のサイト上で発送した側は分かるのですが、
購入者側はわかりませんでした。

ネコポスの場合は、お互いに状況がわかるので安心です。

匿名配送が利用できるか?

クリックポストの場合、宛名状には宛先と差出人の住所と氏名がそれぞれ印字されます。

これまで600回以上、本を売り買いしてきて特に気にはならなかったのですが、
宅急便コンパクトで匿名配送を経験してからは、リスクマネジメントの一貫として匿名配送を選ぶようになりました。

ネコポスは、あいだにメルカリが入ってくれているので、売り手と買い手双方の住所氏名が匿名でわかりません。

表示されるのは、メルカリ上で登録しているネーム(名称)だけです。

住所や氏名を公にしたくない方は匿名配送がオススメです。

配送料の払い方

クリックポストの場合、YahooIDからクレジット決済する一択でした。

一方、ネコポスは、売却金額から配送料が差し引かれるので、カード決済の必要はありません。

たまに売るくらいならいいですが、月に何冊も売ったり買ったりしていると、カードの利用明細が多くて見ずらくなります。

ネコポスの天引き方式だとカードの明細表示はなくなりますし、何より実際の売却利益がわかるので便利です。
(買った金額を超えることはないので、売買は損失ですが)

決済の一手間が省けるのもオススメ利用の一つです。

ネコポスならプリンターがいらない

これまで、食わず嫌いでネコポスをはじめとするメルカリ便は使いませんでした。

ただ、使ってみると、

  1. 宛名状がいらない
  2. 匿名配送
  3. 決済不要

プリンターがいらないのも大きなメリットになるでしょう。 

<編集後記>
昨日の水曜日
6時20分起床後ルーティン
午前中、ミーティング議事録作成、自社の決算
午後から、バイク10キロしてからブログ執筆

スポンサーリンク