スポンサーリンク




「日当3万」から「時給3万」へ。売上高より「時間あたりの単価」を意識する<No 554>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

「日当3万」

大学院時代、同級生と話していたときに、
「自分の日当っていくら」って聞いてみたら、
「5万」って返事が返って来ました。

お互いにまだ勤務時代なので、
将来、独立したらいくらに設定するかという仮の話です。

私は3万と設定していたので、
その同級生の5万には「おおっ」と感心しました。

5万と言うからには、
自分が世間に対して提供できるサービスが
同等の価値がなければいけません。

そして、彼にはその自信があると言うことです。

3万にしろ5万にしろ何が正解なのかは今もわかりませんが、
独立前から「自分の値付け」をしていたことは正解でした。

 

 

売上高より「時間あたりの単価」を意識する

サラリーマン時代、人が集まれば
「売上はいくら?」
「資本金はどれくらい?」
「従業員数は何人?」
って会話が往々にしてありました。

ひとり税理士として独立するとそこにはあまり意識がいきません。
(消費税ぐらいは意識しています)

規模の大きさよりも、その質にこだわります。

売上であれば「売上高」よりも「時間あたりの単価」を意識します。

 

「時給3万」へ

先日、セミナーで提供するスライド資料を作成していました。

その一つとして、自分の「時間あたりの単価」を算出してみました。

単価の算出にあたり対象とした業務は、
直接売上に繋がる作業だけです。

具体的には税務に関する

  • 相談
  • コンサルティング
  • 決算・申告業務
  • 上記の準備を含む

など。

逆に除外したのは、

です。

グラフにするとこのようになりました。

 

2月にガクッと下がっているのは、確定申告による税務従事時間の増加によるものです。

月額売上がそれなりでも、それ以上の時間をかけているということです。

このグラフが作成できたのは、毎日何をして、
どれだけの時間をかけたのかエクセルに記録していたからです。

算出の仕方は、

  1. 税務に従事した時間を日ごとにピックアップして、それを月ごとに集計します
  2. 月別の売上を1で集計した時間で割ります

すると、6月は¥37,604でした。

この数字を可能したのは、

  • 手離れが悪い仕事には見切りをつける
  • 年1料金でなんでもやらない
  • サービスに値付けをする
  • 電話を使わない

など。

売上そのものを増やすのではなく、
時間の価値を最大限に活かす努力をしたおかげです。

特に、「サービスに値付けをする」は大事なことです。

値付けをしていなければ、プラスαの仕事を無料でやってしまいます。

事前に値付けをしていれば、
プラスαの作業がでたら有料であることを即答できます。

その作業を請け負うことができれば「売上」に繋がりますし、
やらないで済めば「時間」取り戻すことができます。

 

 

[ad#co-1]

ひとり税理士の方向性

実際、本当の意味での「時給3万」を稼げれば良いのでしょうが、
大手コンサルの上級職クラスでないと難しい話です。

「売上」はほどほどにしておいて、
「時間」を有効活用することで「単価」を最大限にする。

ひとり税理士が目指すべきはこの辺りなのかと。

もちろん、質を落とさないのは言うまでもありません。

 

 

[ad#ads1]

 

 

<編集後記>
6時00分起床後ルーティン
午前中、MarsEdit4の研究、セミナー準備、セミナー会場予約、記帳指導のスケジュール調整3件
午後から、記帳指導ご訪問、娘と二人で夕食、ブログ執筆

 


本日、初の記帳指導。

経験を積むためのトライです。

新しいことにチャレンジすると、
今後もする仕事、しない仕事、
するやり方、しないやり方が見えてきます。

やらないでウダウダ言ってる前にやった方が早いです。

「値付け」の効果もありました。

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク