スポンサーリンク




無線LANで「ただ乗り」されないように。セキュリティーは自分で確認する<No 257>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

)日本経済新聞 2017年5月11日朝刊

 

 

近隣のアクセスポイント名が見えるということは?

自宅で無線LANを使用していると、
自分以外のアクセスポイント名が
ずらっと表示されます。

けっこうな数が表示されるので、
無線の電波は、かなり広範囲に
飛んでいることがわかります。

 

他人のアクセスポイント名を
指定しても、

このように、暗号キーを入力しなければ
繋がりません。

自分の無線LANも当然、
セキュリティで保護されていると
思っていましたが、どうやらそうでは
ないようです。

 

 

無線LAN「ただ乗り」は無罪

「パスワードは送受信される通信内容そのものでない」

2017年4月、他人の家の無線LANを
勝手に使う「ただ乗り」の
違法性が争われた裁判で、
東京地裁は一部無罪を言い渡しました。

プロにかかれば、パスワードなんて
すぐに解読されます。

旧式の無線LANであれば、
数秒で解読されるようです。

しかし、普通の人なら自宅の無線LANが
旧式かどうかなんてわかりませんし、
そもそもWi-Fiと無線LANの違いすら
わかりません(-_-;)

そこで、基本的なことをさらっと
説明します。

 

Wi-Fiと無線LANってどう違うの?

ケーブルで繋ぐ有線LANに対して、
無線LANにはその名の通り「線」はありません。

電波でデータの送受信を行います。

これを総じて、無線LANといい、
Wi-Fiは無線LANの規格うちの一つです。

  • コピー機でいう「ゼロックス」
  • ビデオテープでいう「ベータ」
  • スマートフォンでいう「iPhone」

のようなものです(^^;)

ですので、Wi-Fi以外にも無線LAN
の規格はあり、わかりやすいところだと

  • Bluetooth

があります。

よって、

無線LAN > Wi-Fi

ということになります。

 

セキュリティが「WPA2」で強化されているか

無線LANの暗号化規格には、
古いものから順に、

  • WEP
  • WPA
  • WPA2

があります。

今回の事件で使われていたのは、
最も旧式のWEPです。

記事によると、市販ソフトを利用
すればWEPの暗号は数秒で解読
されるようです。

また、改良版のWPAも脆弱性が
あるので、自身の無線LANが
WPA2であるかどうか確認する
よう注意奮起しています。

 

「WPA2」かどうか、どうやって調べる?

そうは言われても、
自分の無線LANがWPA2かどうか
ほとんどの方は即答できないでしょう。

私もそうでした(^^;)

そこで確認の仕方をお伝えします。

まず、PCの右下にある無線のマーク
(電波のようなマーク)をクリック
します。
すると、

このように自分の使用している無線LAN
が表示されます。

ここで、プロパティを選択すると、
無線LANの詳細を見ることができます。

 

 

無事、WPA2であることが確認出来ました(^^;)

 

 

自分の身は自分で守る

自分の無線を使われているだけ
ならまだ良いですが、
(良くないですが…)

第三者へのサイバー攻撃など
犯罪に使われては目も当てられません。

今一度、確認しておきましょう!

 

 

[ad#ads1]

 

 

<編集後記>
4時30分起床後、ルーティン
午前中、e-Taxで法人税申告。保険の営業さん来客。
午後からelTaxで地方税申告、ブログ執筆。

5時30分にe-Taxで法人税申告しようと
したら時間外で利用できず。

24時間利用出来たのは所得税確定申告時
だけでした(-_-;)

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク