スポンサーリンク




プレミアムフライデー。独立したらプレミアムエブリデー?<No 211>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

 

 

世間はプレミアムフライデー

官庁から始めたプレミアムフライデー。

マスコミは煽りますが、
実践出来るのは一部の大企業だけで、
中小零細企業を含めた多くの企業には
まだまだ浸透していないようです。

飲食もこれにあやかって、
15時から開店する飲み屋さんもあります。

ですが、いくら早く上がっても、
そのまま職場の人間同士で飲みに行くのなら、
気も使うし、リフレッシュにならないのでは…

 

 

独立したら「プレミアムエブリデー」?

独立すると、
働こうと思えば夜中まで働くことも出来ますし、
逆に、日中プライベートの用事をいれて、
働かないことも出来ます。

働きようによっては、
「プレミアムエブリデー」も可能です。

よく、ひとりビジネスだと
「サボってしまわないか?」と思われますが、
ひとりビジネスを行うひとは、
そもそもそんな生半可な気持ちで独立しません。

なので、どちらかというと、
「働き過ぎてしまう」
傾向があるように思います。

私自身も雇われ時代は、

  • 土日返上
  • 終電間際

などを経験しました。

日本人は真面目なので、
言われたことをその通りにやってしまいます。

 

 

働くのも働かないのも自己責任

ひとりビジネスは、
「働けば働くほど自分の稼ぎになる」し、
「働かなければ食べていけない」、
それだけです。

仕事もプライベートも常に自己責任で、
何かに管理されることもありません。

私の今日のスケジュールは、
午前3時30分に始動し、
午前11時30分には業務を終えています。

それでも、実働8時間です。

9時始業ならすでに18時を
過ぎていることになります。
(休憩1時間で)

そうは言っても、
雇われ気分が抜けずに、
午後も仕事モードでいることがあります。

まだまだ、タスク管理に改良の余地ありです。

 

 

 

[ad#ads1]

 

 

<編集後記>
3時30分起床後、ルーティン
午前中、手持ちの個人申告終わらせて、
残りは資料待ち。残り5件。

午後から、悪寒と戦いながら、ブログ執筆。
ユンケル効きます(^^

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク