スポンサーリンク




リンパ腺炎症で39℃。GW7日間のサバイバル④<No 1231>

)療養時、最大のごちそう

当記事は私の個人的見解であり、医学的根拠に基づいたものではありません

これまでの流れ

4月28日、リンパ腺の腫れを感じたので耳鼻咽喉科へ。

29日祝日(発熱1日目)に39℃超え。

30日(発熱2日目)に内科で受診。

5月1日(発熱3日目)にPCR検査。

5月2日(発熱4日目)結果は「陰性」。

5月3日(発熱5日目)検温左右差2℃(左脇37.2℃、右脇39.2℃)。

陰性が判明しましたので、自宅療養時を想定して読んでもらえれば幸いです。

<セミナー情報>

5月4日(発熱6日目)

0時

左37.8℃、右37.5℃。

7℃台。

回復に向かっているだろうと。

精神的に落ち着きます。

何よりカラダが楽です。

1時

左38.4℃、38.5℃。

峠は超えても、まだそれほど降りていないようで。

8℃は慣れても辛いので、ロキソニンを(6時間経過)飲むことに。

経口補水液を50mmlほど飲んで横になりました。

3時

8℃前後あると熟睡できません。

熱の辛さで目が冷めたので、ついでに検温を。

左37.8℃、右37.9℃。

ロキソニンを飲んでから2時間経過でようやく7℃台。

この2時間なす術なく、ただ耐えるのが辛く。

やっと寝れそうです。

6時

寝汗で目が覚める。

普段の風邪なら、これだけぐっしょり汗をかけば熱は下がって回復に向かうのですが。

今回は、一筋縄とはいかず。

4日目に陰性と聞いたときから熱が下るまで一週間、全快まで10日はかかるだろうと想定していたので驚きはありません。

ただ、本人にはわずかながら回復に向かっているのがわかるので、それだけで多少は楽でした。

着替えを済ませて、検温。

左36.8℃、右37.1℃。

ほぼ、6℃台。

重くて痛い鎧を脱いだような感覚。

熱、関節痛、悪寒、震え、すべてなくストレスフリーな状態です。

とはいえ、薬が効いてるおかげなので、薬なしでこの状態になるには、もう2・3日かかるかなと。

7時に飲む予定だったロキソニンを30分前倒し(5時間半経過)で飲みました。

トイレを済ませて、再び寝ます。

7時

妻が起きた模様。

廊下に出しておいた洗濯物を引き取り、氷枕を変えてくれました。

陰性が判明して以降も、廊下はその都度消毒して拭いてくれています。

その後、食事の用意をしてくれました。

ピザパンだと思って口に運んだら、ジャムパンでした。

)朝食のジャムパン

熱で思考力が鈍っているのでしょう。

8時

左36.7℃、右36.8℃。

6℃台とはいえ、ロキソニンが効いている状態です。

左右共に6℃台は久しぶりなので、この時間でブログの下書きを。

9時45分

左36,3℃、右36.4℃。

10時

先週の水曜日、6日ぶりのシャワー。

11時

左36.2℃、右36.4℃。

熱が下がって視野が広がったので、散らかった部屋を片づけました。

12時

昼食はカップ麺、カリフラワー、デザートにパイナップルとみかん。

食後に、PL顆粒とロキソニン。

12時半

左36.3℃、右36.6℃。
眠くなったので寝ることに。

14時

左36.6℃、右37.1℃
干していた敷き布団・マットレス・敷きシーツが戻ってきたので交換。

ついでにスーパーカップのバニラを。

15時

左36.6℃、右37.3℃。

16時

左36.6℃、右36.9℃
三ツ矢サイダーの飴が美味しい。

17時半

左36.6℃、右36.6℃。

18時

夕食。

卵焼きそば、トマト、ハム、そら豆、ブロッコリーとお粥に飽きてきたので嬉しかったです。

特にそら豆と卵焼きそばは。

食前に漢方、食後にPL顆粒とカロナール(ロキソニンより緩い)を。

左36.2℃、右36.5℃。

未読のメール、メルマガ、郵便物の整理。

21時半

左36.7℃、右36.7℃。

左右差発生して以来のゼロ。

<サービスメニュー>

繁忙期に動けなくなることをイメージしてみる

陰性とわかり、(薬で)熱も下がったので緩い1日となりましたが、これが普段のワーキングデイであったなら。

外出は無理ですが、オンラインなら対応は問題なかったでしょう。

さらに繁忙期だったなら。

一週間寝込むとなると、その分仕事がズレ込むことになります。

2021年の確定申告は3月の一週目でほぼ終えていたので、このタイミングで発熱して動けなくなってもなんとか乗り切れたでしょう。

そう考えると、「まだできる」今の量くらいがリスクマネジメントからいえば適量なのかなと。

<セミナー情報>

<編集後記>
5月9日日曜日
7時00分起床後ルーティン
午前中、寝込んでいるあいだに溜まった朝ドラを。
午後、昼寝をしてからバイク20キロ。淀川の河川敷をゆっくり漕いできました。

行き(10キロ)は追い風だから楽なのはわかってましたが、帰りは予想を超える向かい風。

2キロでへたりそうになりましたが、勝尾寺ヒルクライムをイメージしながら漕いでると楽勝でした。

やはり何事もメンタルが大切だなと。

2週間ぶりのロードバイク。

カラダを動かすのも2週間ぶり。

(病気の)峠に至るまで、峠を超えてからも長かったですが。
薬なしで6℃台をキープできてからは、病の後遺症はナシ。
ただ、体力・筋力はガッツリ落ちているはず、当分はリハビリに専念します。

スポンサーリンク