スポンサーリンク




お問い合わせやご依頼は、自分の「好きなときに受け取る」ように工夫する<No 1150>

)駅構内にあるAmazonの宅配ボックス

問いかけや、質問への対応は工夫する

昨日、娘とヘアサロンへ行ったときに、駅構内でAmazonの宅配ボックスを見つけました。

地下鉄構内に似つかわしくない佇まいで思わず写真を撮りました。

新しいものは好きなので試してみたいものですが、独立してから通勤がなくなったので利用する機会はないでしょう。

終日、自宅にいるのでいつでも宅配を受け取ることができます。

ただ、うちの家には宅配ボックスはないので、宅配が来る度に玄関に取りに行くことになります。

一見、面倒そうに思えますが、最近のAmazonの宅配だとハンコは不要なので、それほど煩わしく感じていません。
(表札と本人への確認でOKのようです)

ドライバーの方に問いかけられたり、質問されるわけでないので、仕事をしていたり、何かを考えている最中であっても問題ありません。

一方、問いかけられたり、質問されたりすると、進行中のタスクが中断し、頭のなかの思考がどこかへ逃げてしまいます。

そうならないよう、問いかけや質問に対してはすぐに対応せず、自分が好きなときに受け取るようにしています。

<セミナー情報>

お問い合わせやご依頼は、自分の好きなときに受け取る

電話

一応、固定電話も備えてありますが、公にしていないのでかかってくることは稀です。

携帯電話には、独立当時はよくかかってきました。

こまめに番号登録と着信拒否をしているうちに、その数はかなり減りました。

留守電も、センターへ問い合わせてわざわざ聞くのも面倒なので、留守電に吹き込まれた音声がテキスト(文字)で表示されるアプリをスマートフォンに入れています。

スマート留守電なら他の通信手段にそのまま移行。返信手段を選べる留守番電話サービス<No 961>

スマホのアプリで確認できるのと、更にメール通知でもテキストで知らせてくれます。

こうした機能があると、消音にしていても忘れることはなく、自分のタイミングで着信と吹き込まれた内容を確認することができます。

おかげで、電話の着信に悩まされることがなくなりました。

メール

メールの着信通知は、パソコンに表示されないように設定しています。

以前は、通知があったことを知らせる表示に加えて音まで鳴っていました。

メールの通知が音で鳴ったり表示されたりすると、電話の着信とそれほど変わりません。

集中してタスクをこなしているときに、こうした表示がされてしまうとそこに意識が飛んでしまいます。

一度、意識が飛ぶとすぐには元の思考に戻れません。

メールは朝・昼・夕の1日三回の確認で十分でしょう。

  1. 午前中のタスクが終わったあと
  2. 昼食が終わったあと
  3. 夕方、すべてのタスクを終えたあと

ChatWorkも同じようにしています。

郵便物

郵便物は、届いたその場で開封することはありません。

  • 前日夕方以降に届いたら、翌日の朝に
  • 朝届いたら、午前中のタスクがすべて終わってから
  • 昼届いたら、夕方のブログを書き終えてから

開けてるようにしています。

そうでないと、郵便物から新たなタスクが発生し、その日のスケジュールに影響がでるからです。

郵便物は、一度開封したら、

  1. タスクの着手日をスケジュールへ記載
  2. 紙はクリアーファイルにいれて着手日を記載
  3. クリアーファイルは上から日付順に重ねて並べる
  4. タスク不要かつ必要な資料はその場でスキャン
  5. タスク不要かつ不要な資料はその場で捨てる
  6. タスク完了後の紙はスキャンor捨てる

こうしておけば、封を切って、所在なさげに放置された郵便物はゼロとなります。

やるべきことは、スケジュール帳に記載されていますし、日付順に並べたファイルを上から確認すれば、やり残して忘れることもなくなります。

完全ペーパーレスにするのであれば、紙は全部スキャンしてEvernoteやGoogle keepなどのウェブノートで管理するのも良いでしょう。

私はまだ、紙の良さを完全に捨てきれていないので、紙とウェブの両刀です。

読書は紙の本オンリーですし。

<サービスメニュー>

<編集後記>
昨日の月曜日
4時45分起床後ルーティン
午前中、娘と電車でヘアサロンへ、帰りにミスドでテイクアウト
午後、昼寝したら二時間寝てしまったので、あわててブログを更新。

2020年のブログは本日をもって終了です。

30日、31日は大掃除の予定。
実家に借りたケルヒャーのスチームクリーナーでベランダと風呂の排水溝を掃除します。
あとは、窓拭きと着ない衣類をまとめて売りに行こうかと。

2021年は1月4日からブログ始めます。

スポンサーリンク