スポンサーリンク




Dropbox、Google Drive、OneDrive。仕事の場所を選ばない、クラウドによるファイル管理<No 71>

 <サーバトラブルについて>

サーバトラブルにより過去記事の画像が一部消失しご不便おかけしております。

まだまだ知らない人もいる

数年前から、「クラウド」やら何やら、わかりづらい言葉が使われるようになりました。

使っている方にとっては、当たり前のツールであっても、

知らない人にとっては、使いようのないものです。

そういう私も、

  • 横の繋がりの少ない業界
  • 新しいものに消極的な職場
  • 税理士試験という檻の中の生活

ということもあり、デジタル化に積極的になれたのが、

ここ一年あまりのことです。

知れば、知るほど、世間との乖離(かいり)を痛感しましたが、

伸びしろは、まだまだあるのだと前向きにチェレンジしています。

 

まずは使ってみよう

Dropbox

自分の周りだと、一番メジャーなのが、ドロップボックスです。

無料で2G、有料だと最大1テラまでのファイルを管理することができます。

このブログで使用した画像もドロップボックスで管理しています。

私は、無料の2Gを利用しています。

 

Google Drive

無料だと15G、100Gから有料で、最大30テラまで利用可能です。

先日の出席したEvernoteのセミナーでも、Evernoteと公式に連携している

クラウドは、GoogleDriveのみでした。

時代の巨人Googleですので、今後も他のクラウドサービスとの連携も

充実してくると思われます。

 

OneDrive

5Gまで無料、50Gから¥170/月で有料。

Windows10には最初から1.5Gがついています。

同社の製品とは、相性が良さそうですが、

Googleに押されぎみのマイクロソフトなので、

Googleに比べると、今後、他のクラウドとの連携が心配されます。

 

 

ペーパーレスで持ち運びができる

出先で資料が確認できる

ノートPCや、スマートフォン、タブレット端末があれば、

職場にある大量の資料を持ち運ぶことなく、外出先で確認することが出来ます。

以前の職場で、顧問先との決算打ち合わせともなると、お相手の質問に耐えうる大量の資料を一人で

持参していました。

今では、端末一つあれば、全ての資料を簡単に確認することが出来ます。

 

訪問、FAX、メール添付も必要ない

お客様「資料出来ました」

自分「はい、すぐに取りに行きます!」

こんなことも大きく省略できるようになりました。

リンクを共有することで、自分の手元にあるデータを

相手先が確認することが可能になります。

 

とは言っても、原始資料(現物)そのものを送れるわけでは

ありませんし、HDのように何でもかんでも放り込むものでも

ありません。(有料にて可能ですが)

また、セキュリティ上も100%安全というわけでもないでしょうから、

その辺を見極めた使い方が必要になります。

 

[ad#ads1]

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク




1 個のコメント