スポンサーリンク




Dropbox、OneDrive、Evernoteを使い分け。PCにデータは残さない<No 629>

)JR大阪駅前

 

 

PCにデータは残さない

ルーティン、仕事、MIT、ブログ。

これらの最中、PCは欠かせません。

起床後すぐにMacBook Proを立ち上げるので、
PCの利用頻度が下がるのはブログを書き終える夕方頃です。

これだけ毎日使っていると、PCのなかもごちゃごちゃになりがちですが、
私の場合、PC内のデータを探すことはありません。

PC内にデータを置いていないからです。

 

 

Dropbox、OneDrive、Evernoteを使い分け。

PCに保存するのはインストールが必要なアプリだけ、
データはPCに保存していません。

保存先に利用しているのは、

  • Dropbox
  • OneDrive

クラウドストレージサービスです。

 

2つ利用しているのは、

  • すぐに使うモノ
  • すぐに使わないモノ

を分けるためです。

私の場合、すぐに使うモノはDropboxに入れています。

ここになんでも入れてしまうと大量のデータが目に飛び込んでくるので、
本当にすぐ使う、ごく少数のデータに抑えています。

そのため、Dropboxの容量は増やさずに、あえて無料の2Gを使い続けています。

Dropboxは容量が2Gを超えると警告通知が表示されるので、
表示されないように1日1回ルーティン内で残量チェックをしています。

チェック後、Dropbox内で

  1. すぐに使うモノはDropboxの適正なカテゴリーファイルに移動する
  2. すぐに使わないモノは大容量のOneDriveかEvernoteに移動する
  3. 「やっぱりいらない」モノは削除する

のいずれかを選びます。

こうしていると、Dropbox内の容量が大量に増えることはありません。

2のOneDriveかEvernoteのどちらに移動するかは、
以前はデータ系はOneDrive、ノート系はEvernoteにしていました。

これは好みにもよりますが、アクセスしやすい方を選ぶのがいいのかと。

私の場合、常にEvernoteを開きっぱなしにしているので、
最近はほとんどEvernoteに保管するようにしています。

こうなってくると、
「DropboxをスッキリスリムにしていてもEvernoteのデータは膨張しているのでは」
というツッコミが入りそうですが💦

Evernoteビジネスだと月のアップロード上限が10Gなので容量を気にすることはありません。

私の場合、動画や画像がないので月に9割以上余っています。

また、Evernoteはクラウドストレージに比べて管理、検索、ビジュアル面で優れています。

 

最後に、Evernote内のデータ量が増えてくると、セキュリティ面で気をつけておく必要があります。

2段階認証は必ず行っておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

気にしない

今日はDropboxメインで書こうを思ってましたが、
結果、Evernoteの話になっちゃいました^^;

こういったことを気にしないのがブログ継続のコツです。
(居直りも大切)

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
6時30分起床後ルーティン
午前中、ブログ執筆
午後から、とあるセミナーに参加、帰宅後ブログの続き