スポンサーリンク




法人税をクレジットカードで払う。1年後の自分のための備忘録<No 1624>

yujiro

)国税クレジットカード納付のサイト

Contents

1年後の自分のための備忘録

法人税の支払いかたについて。

昨日は、スマートフォンを利用した支払い方法についてお伝えしました。

法人税をスマホで支払う「スマホアプリ納付」の注意どころ<No 1623>

今日は、クレジットカードを使って支払う方法についてお伝えします。

所得税(個人)も法人税(会社)も、税金を支払うのは、基本的に年に一回です。

紙(納付書)を使って窓口(税務署・金融機関)で支払うやり方を忘れることはありませんが。

スマートフォンやパソコンなど、ネットを使ってやるとなると、1年前のことについては忘れてしまうかたもいらっしゃるかと。

かくいう、私もそのひとりです。

この記事をお読みになるかたのために書いていますが、1年後の自分を助けるために書いているとも言えます。

法人税をクレジットカードで払う

法人税をクレジットカードで支払うには、まずは、ネットを使って申告しなければなりません。

e-Taxで申告書の提出が完了したら、国税庁のサイトからその準備を始めます。

)e-Taxサイト

まず、e-Taxサイトの左上にある「各ソフト・コーナー」を選びます。

次に、「メッセージボックス等を確認する」のなかから「受付システム」を選びます。

)受付システム

受付システムに入ったら、「メッセージボックス一覧」から「確認画面」を選びます。

)受信メッセージ

確認画面を選ぶと、「受信メッセージ」が表示されます。

きちんと申告できていれば、

  • 内国法人の確定申告(青色)
  • 納付情報登録依頼

2つの通知が受信ボックスに格納されています。

内国法人の確定申告の通知で、申告内容を確認し、問題がなければ「納付情報登録依頼」から支払い手続きに入ります。

 

ここで、「クレジットカード納付」を選びます。

次に、納付情報確認の画面で税額と決済手数料が表示されます。

決済手数料は、次の通りです。

  • 10,000円まで 83円
  • 20,000円まで 167円
  • 30,000円まで 250円
  • 以降、1万円ごとに加算

税額に問題なければ、次へ進みます。

カード情報とメールアドレスを入力したら次へ進みます。

表示された内容に問題がなければ「納付」のボタンを押します。

「はい」をクリックして、次の画面が表示されたら完了です。

念の為、登録したアドレス宛に手続き完了メールが来ているか確認しておきましょう。

1年経ったら忘れてしまう

こうした決済は、実際に自分でやらないと憶えません。

憶えても1年経つと忘れてしまうので、備忘録として残しておきました。

忘れてしまったかたのお役に立てれば幸いです。

<編集後記>
12月13日火曜日
6時起床後ルーティーン
メルマガ執筆、年末調整、自分の決算見積もり(個人)、リカバリーラン30分。
午後から自社の申告と税金の支払い(法人)、ブログ更新、読書。

<メルマガ「社長の仕事術」>
毎週月・木
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<You Tubeチャンネル「独立・開業コンサルタント 税理士 ユウジロウ」>
毎週金曜日、You Tubeで動画配信しています。
よろしければ、チャンネル登録お願いいたします。
こちらから

<サービスメニュー>

 

ABOUT ME
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました