スポンサーリンク




ダイレクト納付で税金の支払いを効率化。整うまで待たない<No 1519>

ネットによる投票は、まだまだ先のようですね。

)日曜日の選挙にて

振替納税+ダイレクト納付

税金の支払いは時間をかけず、効率的に済ませたいものです。

これまで、オーソドックスな支払い方として振替納税がありました。

振替納税は、一度登録すればずっと自動引き落としされます。

ただ、振替納税は個人だけなので法人には使えません。

また、個人でも源泉所得税の支払いには使えません。

これらを補うため、新たな支払い方法として、

  • コンビニ納付
  • Pay-easy
  • インターネットバンキング

が利用できるようになりました。

なかでも、税理士・お客さまの双方にとって使いやすいのがダイレクト納付です。

ダイレクト納付で税金の支払いを効率化

振替納税の行き届かないところをダイレクト納付が補ってくれます。

  • コンビニ納付
  • インターネットバンキング

は、金融機関に行くよりは便利なのですが、最後の支払いはお客さま側で行う必要があります。

その点、ダイレクト納付は、税金の支払いまでを税理士側で完結させることができます。

お客さまには、金額と引き落としされる日をお伝えすればいいわけです。

お客さま自身がコンビニに行くこともありませんし、ネットで操作することもありません。

e-Taxから入る

ダイレクト納付の申請は、e-Taxサイトにある「国税電子申告・納税システム(受付システム)」から申請することができます。

このあたりは、ややわかりずらく。

  • 国税電子申告・納税システム 
  • 受付システム 
  • メッセージボックス 

と名称が混在しているので、初見の人だと混乱するかもしれません。

  1. 国税電子申告・納税システム → e-Taxサイトにある1システムの名称
  2. 受付システム → 国税電子申告・納税システムと同じものを指す
  3. メッセージボックス → 1・2のシステム内にある税務署からのメールボックス

受付システム

)e-Taxサイト

ダイレクト納付をスタートするには、e-Taxのサイトから

  1. 各ソフト・コーナー
  2. 受付システム

へと進みます。

MacでGoogle Chromeから入ると、次のように△マークが表示されますが、そのまま進むことはできます。

マイナンバーカードで入ることができますし、なくてもID(利用者識別番号)とパスワード(暗証番号)で入ることができます。

 

メインメニューから下のほうへ行くと、「ダイレクト納付口座登録の申込み」がありますので、そこから入ります。

 

注意事項を読んでからチェックボックスにチェックを入れ、必要事項を入力して申請します。

途中から金融機関のサイトに移りますが、手続きを進めていけば完了します。

以前、ダイレクト納付について書いた記事では、申請書をプリントした紙にハンコを押して税務署に提出しています。

源泉所得税のダイレクト納付。もう納付書は手書きしない<No 1035>

今は、ネット申請できますが、残念ながら個人だけのようで。
(法人は依然として紙提出です)

残念なところ

金融機関によって、ネット申請が対応しておらず、紙申請のところがチラホラあります。

りそな銀行は、書面OKでオンラインがダメ。

池田泉州銀行は、普通預金はオンラインOKですが、当座はダメ。

それでも、最初の申請がネット対応していないだけであって、本丸のダイレクト納付は対応してくれています。

いずれはすべてネット対応するのでしょうが、それを待つまでもありません。

今、やれることがあるのなら、やれる範囲でやっておくのが効率化の第一歩です。

整うまで待たない

ダイレクト納付に登録すれば、以降はネットで支払い手続きを完結できます。

手書き(プリント)した納付書を持って金融機関へ行くことはなくなります。

一部では紙提出が求められますが、それは最初の1回だけのこと。

こうした情報をキャッチアップして伝えていければなと。

<編集後記>
7月8日金曜日
5時10分起床後ルーティン
納期特例、ダイレクト納付申請。
ジムでトレーニング&ラン5km。
You Tubeスライド作成、撮影。
午後からYou Tube編集・アップしてからブログ更新。

7月9日土曜日
5時50分起床後ルーティン
休日モードでゆっくりと。
夕方からプールでスイム。

7月10日日曜日
5時30分起床後ルーティン
雨から一転、晴れたので勝尾寺〜亀岡方面へバイクの練習。
走行距離は82.8km
帰宅後、2時間寝てから娘と小学校まで投票に。

スポンサーリンク