スポンサーリンク




Pay-easy(ペイジー)ならネットで1分簡単納付。ATMには行かない<No 355>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

 

勤務先の「半額負担」はありがたい

健康保険は、親の扶養から外れると、
自分で加入しなければなりません。

私の場合、これまで

  1. 20代営業職   社会保険(勤務先)
  2. 20代無職    なし
  3. 就職~独立   税理士国民健康保険
  4. 独立~会社設立 市町村国民健康保険
  5. 会社設立~   社会保険(自社)

という流れで加入してきました。

「なし」の時代は、営業職を辞めてから、
税理士事務所に勤務するまで1年半ほどの期間です。

当時、退職してからも勤務先の社会保険で任意継続していたのですが、

  • 半額負担が全額負担になった
  • 年齢の割にいい給料だった

ので、保険料の月額がびっくりするような金額になってしまい
脱退することにしました。

その後、親の扶養に入ろうとしたら、

「これだけ給料あって今後働かずにいるわけがない」

と社会保険事務所(当時)の窓口で言われ加入できませんでした。

本当に収入がないのに、当時は「おかしな制度だな」と
思いながらも加入を断念しましたが、
今なら負けずに交渉できたのかなと…

また、独立後、当然のように税理士国保に加入しようとした
のですが、これまた結構な額で断念しました。

税理士国保も勤務時代は「半額負担」してくれていたのです(^^

 

 

Pay-easy(ペイジー)ならネットで1分簡単納付

自社の法人銀行口座は「住信SBIネット銀行」の一口座だけです。

社会保険の振替手続きを取ろうとしたら、
住信は社会保険の対応になっていませんでした。

そこで、Pay-easy(ペイジー)を利用しようとしたのですが、
住信はペイジーも未対応です。

Pay-easy(ペイジー)は、税金や公共料金をネットで払えるサービスです。

ネット専業ならそこは確実に抑えて欲しいところなのですが、
ペイジー対応可能のネットバンクは意外と少ないのです。

 

対応可能

ジャパンネット銀行、楽天銀行

※ただしATM払いは不可

 

対応不可

住信SBIネット銀行、ソニー銀行、じぶん銀行、イオン銀行、新生銀行

 

 

徒歩「数分」でもネットで済ませる

口座振替(銀行引落)も出来ない、
ペイジーも未対応となると、
銀行または郵便局まで行かなければなりません。

やらないことリストに挙げている以上、
金融機関にわざわざ行くことは回避したい。

何とか考えた結果、ペイジー対応の個人口座を
利用することにしました。

 

ゆうちょダイレクト

会社の社会保険だから
「会社の銀行口座から払わなければならない」
決まりはありません。

現金で払ってもいいですし、
個人の口座から払っても
記帳処理さえきちんとしておけば問題ありません。

  • 個人事業で経費にしない
  • 法人事業で半額経費(会社負担分)

幸い、個人で所有の「ゆうちょ銀行」が、
ペイジー対応でした。

ゆうちょダイレクト(ゆうちょ銀行のネットサイト)へログインすると、
左側に「税金・各種料金の振込み(ペイジー)」があります。

ここから入って保険料を納めます。

 

収納機関番号

年金事務所から送られてきた納入告知書(納付書)に、
「収納機関番号」が記載されているので、これを入力します。

入力できたら「次へ」を押します。

 

 

納付番号と確認番号

納付書の「収納機関番号」の隣に続けて

  • 納付番号
  • 確認番号

が記載されているのでこれらを入力して「次へ」と行きます。

 

 

ワンタイムパスワードを入力して完了

最後に、登録済みのメールアドレスにワンタイムパスワードが送られてきます。

これを入力すれば完了です。

 

 

 

そこに「学び」はあるか?

  • コンビニまで1分
  • 郵便局まで3分と5分の二店舗

近いと言えども、着替えたりしていたら、
15分以上はかかるでしょう。

何でもかんでも「効率化」とは言いません。

そこに「学び」がないのなら、
効率な方を選びしょう。

 

 

[ad#ads1]

 

 

<編集後記>
土曜日、保育所で運動会。わが子の足の速さにびっくり。
1名の幼児に大人6名が応援。
その後、家族3人+わが子の祖父母(4人)で会食。

日曜日、ガンダム The Origin Ⅰ・Ⅱ鑑賞。
時代背景、設定の綿密さに感動。

4時35分起床後ルーティン。ルーティンとは
午前中、セミナーパワポ作成
午後から、ブログ執筆

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク