スポンサーリンク




税理士試験が終わったら、「他人の評価」は気にしない<No 798>

)beach & peach

 

 

「終わったら浴びるように呑む」

久しぶりの税理士試験ネタです。

「税理士試験あるある」かどうかはわかりませんが、
私の中では定番化していたことがあります。

それは、本試験までストイックに14時間、16時間と勉強しているときに、
いつも浮かんだあのフレーズです。

「終わったら浴びるように呑む」

15年近くいつもそう考えながら、理論をぶつぶつ覚えていたのですが。

まぁ、浴びるように呑んだことなんてありません。

最後の方になってくると、同士もいないので打ち上げの飲み会すらありません。

家族が作ってくれる胃に優しいごはんを食べながら、
普通の生活へとジワリジワリと改善していくのでした。

 

 

税理士試験が終わったら、「他人の評価」は気にしない

税理士登録したときも、周囲が盛大にパーティーでも開いてくれるのかと思いきや、
温かい言葉をもらえたのは妻と両親くらいのもので、世間は冷たいものでした。

あの、なんだろうなぁ。

こちらとしては出会うすべての人から、修造バリの祝福をくれるものだと思っていたのに。

そして、自分は中田英寿バリにクールに返すつもりでいたのに・・

皆の「おめでと」が英検3級に受かった子にかけてあげる「おめでと」
だったときの切ない気持ち。
(英検3級の合格はそれはそれで嬉しいものです(^^))

「15年頑張ってこれ?」

さらに、身内で行うその年の重大ニュースランキングで、
身内の結婚に負けたときの「蚊帳の外」感。

このとき学びました。

他人の評価を気にしていたら疲れるだけ。

比べるのは過去の自分だけにする。

そして、称賛されたら快く受け入れる。

 

 

ブレイクタイム

試験ネタに関する記事は多くの方が書いていますし、
私もたくさん書いてきました。

なので、今日は、シーンとした自習室で「クスリ」と笑えるネタにしました。

 

 

<編集後記>
5時35分起床後ルーティン
午前中、コンサル営業準備
午後から、ブログ執筆、ランニング10キロ

スポンサーリンク