スポンサーリンク




Evernote Scannableで紙からデジタルへ。「間違いノート」もスマホで管理<No 313>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

 

iPhoneに変更して良かったこと

iPhone 6にして
ひと月が経ちました。

これまで使ってみての感想は、
起動の速さがすばらしく

「ここまで速いのか!!」

と思うほどです。

なるほど、今となって初めて
iPhone利用者の私の端末を見る目が
冷ややかであったのが理解できます(^^;)

そして、もう一つ。

これまでAndroidで利用できなかった
Evernote  Scannableを使えるようなったことです(^^)/

 

 

Evernote Scannableで素早くスキャン

これまで紙のデータをデジタル保存するには、

  1. 自宅兼事務所で
  2. 複合機のスキャナーを使って
  3. Evernoteに飛ばす

方法をとっていました。

これはこれで便利なのですが、

  • どこでもできない
  • Evernoteへ飛ばすボタン操作が多い
  • A4以内の大きさにおさめる必要がある

などある程度の制約がありました。

これを解決してくれたのが
Evernote Scannableでした。

 

 

スクラップ記事も切らずに保存

毎日の新聞スクラップ。

保存するときは、

  • はさみで切る
  • 新聞紙を折る

などしていましたが、
Evernote Scannableなら、
切ることも折ることも必要ありません。

アプリの中で、

  1. 写真を撮る
  2. 写真を補正してくれる
  3. そのままEvernoteへ保存

するだけです。

一連の工程が同じアプリ内で
行われるのでわかりやすいです。

もちろん、スマートフォンなので
どこでも出来ます。

自宅や事務所に帰る必要はありません。

 

名刺管理もできる

名刺をアプリで撮影すれば、
自動で、

  1. アドレス
  2. 電話番号
  3. 携帯番号
  4. FAX番号
  5. URL

を名刺用の書式設定として認識してくれます。

もちろんそこからワンプッシュすれば、
電話もかけられますし、
メールの作成も行えます。

 

間違いノートもスマートフォンで管理

受験期間が長くなると、
間違いノートの数も多くなります。

 Scannableを使えば、

  1. 画像で残すことができる
  2. Evernoteで管理
  3. 科目ごと項目ごとに管理
  4. 移動中に見ることができる

これまで画像で残すことが出来ても
それらの管理が煩雑であったと思います。

Evernoteで管理すれば、お目当ての項目を
全文検索機能で一発でピックアップしてくれます。

重たいファイルを持ち歩くこともなく、
「どこかな?、どこかな?」と
探す必要もありません。

(ただし、本試験後の導入をお勧めします)

 

頻繁なことほど、効率化する

私であれば新聞を見るのは毎日のことですし、
最近はもらう名刺の量も多くなりました。

データ保存に費やす時間を短縮出来れば、
他のことに時間をまわすことが出来ます。

間違いノートも項目の数が多くなるほど、
管理が大変になります。

大変になる前に、効率化しましょう。

 

 

[ad#ads1]

 

 

<編集後記>
21時半就寝 7時起床 
8時からルーティン

午前中、請求書発行、ブログ執筆
午後からブログ仕上げ、JDL不具合のため再インストール

手の痒みがおさまりました。

健康が何よりも大切なことだと改めて実感しました(^^;)

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク