スポンサーリンク




「手持ちの本」→「ポイント」→「カメラ」。メルカリ錬金術と注意点<No 616>

)FUJIFILM X-M1

 

 

手持ちの本→ポイント→カメラ

昨日ブログで紹介したFUJIFILM X-M1。

実はメルカリで購入しました。

厳密に言うと、ポイントと交換しました。

メルカリの仕組みはこうなっています。

モノを売ったら10%の手数料をメルカリに引かれます。

引かれて残った90%が売上金(販売利益)としてメルカリに保管されます。

その後の使いみちは、

  1. 振込申請をして現金を受取る
  2. 売上金でポイントを購入し、再度メルカリ内で買い物をする

のいずれかです。

売上金をメルカリ内に置いたままにしていると6ヶ月で失効します。

また、現金にすると10,000円未満だと210円の振込手数料が引かれます。

ポイントに変えて、再度メルカリ内で買い物をしてもらうことが、
メルカリ側からすると一番うれしいことなのでしょう。

実際、ポイントにすれば有効期限は1年に延びます。

最近の報道によれば、メルカリポイントを一般の商店や他の商圏でも利用可能にする構想が
挙がっているようです。

そうなると、仮想通貨よりメルカリポイントの方が市場に受け入れられるのかも。

 

 

メルカリ錬金術と注意点

本をメルカリで売り、売った本のポイントを使ってメルカリで新たな本を買うという
「メルカリ無限ループ」に、はまり込んで数ヶ月。

 
 

本を売るペースが、本を買う(読む)ペースを超えだしたので、日増しにポイントが貯まっていきました。

そこで、手頃なカメラをメルカリ内で見つけ、貯まったポイントを利用することにしました。

メルカリでカメラを購入するときの注意点は、

  • ボディのみ(レンズ無し)で売ってること有
  • 充電器・ケース・ストラップなどの有無
  • 傷の詳細がきちんと説明されているか

このあたりを丁寧に書いてくれている方だと安心です。

一眼レフもミラーレス一眼も、レンズ交換できるタイプとできないタイプがあります。

このうち交換できるタイプで、本体のみを売りに出しているケースもあるので気をつけましょう。

メルカリは基本、個人間売買ですが、私が購入した方のように、
他のネット媒体にも商品を売りにだされている事業者の方もおられます。

本のように、少額のモノであれば気にすることもありませんが、
カメラのように10,000円を超えるようなものであれば、
このような事業をやられている方のほうがより信頼できます。

実際、購入したところ、梱包の丁寧さや少額の付属品を多数付けてくれたことなど、
やはり手慣れたところが見受けられ、満足感も高まります。

個人出品が総じて悪いわけではありませんが、質にバラつきがあるので、
売り手の過去の評価はしっかり確認しておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
4時45分起床後ルーティン
午前中、法人決算業務、ボイスレコーダー購入、年末調整リスト作り、記帳指導連絡、Illustrator7日間無料体験、ラン2キロ

午後から、ブログ執筆、保育所お迎え