スポンサーリンク




MoneyKit。銀行に行かないネットバンクで効率化<No 87>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

時間の効率化。銀行に行く時間、ATMにならぶ時間をなくす

元々は、10年ほど前に外貨預金を始めることがきっかけで、

ソニー銀行のネットバンク「MoneyKit」で口座開設をしました。

そんな外貨預金もここ数年は手付かずの放置状態でした。

最近、ネットバンクを見直すきっかけになったのは、

ブログ開始によって学んだことの一つ「効率化」という

キーワードからでした。

日々の生活で時間を意識するようになり、無駄な動きがないかどうか

考えた結果、無駄と感じたことのひとつが「銀行に行くこと」でした。

  • ビジネスタイムは空いているけど、仕事から外れにくい
  • 昼休みや、仕事あがりは混んでいる

ATMにならぶこともさることながら、

銀行に行くことそのものも、「無駄な時間」に思えた

ところ、ネットバンクの再利用を考えました。

セキュリティー面の不安から、数年利用していませんでしたが、

「効率化」には有効な一手と考えて復活しました。

 

 

ネットバンクも、いろいろ

  • ソニー銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行

などのネット専用銀行から、都市銀行まで10行ほど

が参入しています。

はじめて口座開設するときに、気になることは、

ATM手数料、振込手数料です。

振込手数料は、同行宛てだと無料、他行宛てだと有料な点は変わりません。

ATM手数料は、新生銀行が「何回でもいつでも無料」なのに対して、

他行は、月の無料回数が異なります。

私は、今のところネットバンクは、ソニー銀行のみですが、

事業開始後に、いくつか開設する予定です。

 

ワンタイムパスワードでセキュリティー強化

通常、ソニー銀行では利用時に、

  • 店番号
  • 口座番号
  • ログインパスワード

を入力します。

入力が終わると、次に取引暗証番号を入れます。

これで自身の口座利用が可能になりますが、

セキュリティーをより強固なものにしたければ、

使い捨てのさらなるパスワード「ワンタイムパスワード」

を作ることが出来ます。

ワンタイムパスワードを利用するためには、「トークン」と呼ばれる

機器が必要になります。

トークンは申請から3~5日で発送されます。

トークンに表示されるパスワードは、30秒間一回限りの表示です。

再度、ボタンを押すと別のパスワードが表示されます。

私は、ワンタイムパスワード以外の入力コードは、全て記憶しているので、

トークンだけを手元において入力します。

セキュリティー面の安心感と、使い勝手も良い印象です。

と言っても、高度なハッキングにかかれば、100%安全なシステム

は不可能でしょうから、生活費に使う普通預金の利用に限定しています。

 

Sony Bank WALLET

通常のキャッシュカードにデビット機能を加えたものが、

「ソニーバンクウォレット」です。

ショッピング利用時にクレジットカードではなく、デビットカード

として、その時点の預金口座からタイムリーに引き落としがされます。

クレジットカードでは、引き落としまでのタイムラグがありますが、

これだと、タイムラグがない分、資金管理もしやすくなります。

 

便利な分、セキュリティーというリスクも伴いますが、

ネット環境があればどこでも利用できることは、

「効率化」であり、かつ、「効果的」であるでしょう。

 

通帳記入も必要ないですからね。

 

 

[ad#ads1]

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク