スポンサーリンク




RSSリーダーをinoreaderに変更。ネットからのインプットは「入口を限定」し「内容を厳選」する<No 502>

)inoreader  in 自宅リビング

 

 

インプットの「入口は限定」する

今の世の中、メディアがこれだけ増えるとすべての情報を網羅することは不可能です。

なので、限りある時間を有効に使うためには、
入ってくる情報を限定しなければなりません。

私の場合、仕入れ先(インプット)は、

  • 書籍
  • 新聞
  • ニュース
  • ブログ
  • Google

です。

人は、自分が会いたいと思う方にしか会わないので、
基本、有意義な時間を過ごすことができます。

他のインプットと大きく異なるのは、
一方通行でないところです。

仮に、自分の求めていない話になれば、
キリのいいところで話題を変えればいいのです。

次に、書籍・新聞・ニュースには、組織としてそこに関わる
大勢の大人の目があります。

大勢の大人の目というフィルターを通して出てくる情報は、
それなりの信憑性があります。
(100%でないですが・・)

ただ、これらのすべてを網羅することはできないので、
その中で自分の必要な情報だけ抽出します。

問題は、ネットの情報を「どこまで取り行くべきか」です。

ネットサーフィンで気付けば1時間経っていた。

なんてことは誰にでもあるでしょう。

なので、ネットからのインプットは「入口を限定」する必要があります。

入口を限定することで、意図しない情報に辿り着く確率を減らします。

 

 

inoreaderで「内容を厳選」する

これまで気になるブログは「FEEDLY」で確認していましたが、
昨日、inoreaderに変更しました。

どちらでもお気に入りのブログを網羅的に見ることは可能ですが、

  • ベースカラーが青
  • サイトのアイコンが綺麗
  • 日本語対応可

といったところでinoreaderにしました。
(FEEDLYでも変更可能なのかもしれないですが・・)

 

)FEEDLY

 

)inoreader

 

上下二つを比較するとinoreaderの方が明るく見やすい印象です。

早速、今朝からinoreaderでブログをチェックしています。
(すべては見れてないですが💦)

inoreaderへの変更をお考えの方はこちらの記事が丁寧でわかりやすいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
5時30分起床後、MIT
6時25分からルーティン
午前中、お客様リスト・お問い合わせフォームの改良
午後から、ブログ執筆