午後から「断水」3時間。空いた時間は「つぶす」のでなく「活かす」こと<No 489>

Pocket

 

)阪神百貨店

 

 

午後から「断水」3時間

自宅周辺が水道工事のため、
今日は午後から断水でした。

工事の予定は、13時30分から16時30分まで。

1時間そこらだと外出するまでもなかったのですが、
3時間となると何(自然現象的な)が起こるかわかりません。

そこで、後回しにしていることをこなして来ました。

 

 

3時間の予定を「90分」でこなす

住まい周辺の上新庄地域はキタ(梅田周辺)まで15分、
ミナミ(心斎橋、難波周辺)まで30分と、
比較的便利なエリアです。

バブル前の税金対策で
ワンルームマンションが〇〇ほど立ち、
石を投げれば美容院、歯科医院に当たり、
首を一周すれば、

  • マクド(マクドナルド)
  • ミスド(ミスタードーナツ)
  • ケンタッキー(ケンタとは言わない)
  • ロッテリア(ハンバーガーショップ)

が見渡せる街です。

ちなみにナイナイの岡村氏はこの街出身です。

以前、私の母親が通うフィットネスクラブに
岡村氏のお母様も通われていたとのこと。

母親曰く、
「おしゃべり好きで、お洒落な人がいるなと思っていたら、
岡村さんのお母さんだった」と。

そんな住むには便利な土地ですが、
「ひとつ上の御用達」をするとなると、
キタやミナミに出ることになります。

なので、今日の予定はキタ(梅田界隈)に出ることにしました。

 

「皮膚科」で診療20分

「皮膚科ぐらいどこの街にもあるやろ?」
とのツッコミが入りそうですが。

オンライン診療が可能な診療所を梅田に見つけたので、
行ってみることにしました。

オンライン診療とはPCやスマートフォンを通じて
オンラインで行う診療です。

ただし、医療の制度上、初診は必ず対面で行うため
来院しないといけないません。

到着時刻は13時30分。

行くと皮フ科と併設した美容外科が目的の女性ばかりです。

場違いと思いつつも、一応ジャケパンだったので、
不審者には見えないでしょう。

平日昼間なのに、常時4、5名は待合にいます。

かなり待つのかと思いきや、
皮膚科の診療は私だけのようで。

すぐに呼ばれて中に入ると
街の皮膚科のイメージが覆されます。

そこは、ご想像にお任せしますが・・。
(ツッコミはご遠慮願います。笑)

薬局で薬をもらって時計を見ると、13時50分。

まずまずのペースです。

 

「ジャケット購入」20分

そこから移動時間に10分程度。

時計を見ると14時です。

行くのは、馴染みのセレクトショップ。

 

EXILEのマキダイ似の店員さんにひと言。

「グレーのジャケットを」

出された商品に袖を通して、サイズ感を確かめます。

  • 価格
  • 品質
  • デザイン

に間違いないことは織り込み済みです。

おすすめコーディネイトを聞いたら会計を済ませます。

信頼できる馴染みのお店があることは、
「効率的」で「効果的」です。

ここでの所要時間も20分程度。

次を急ぎます。

 

 

「靴磨き」に15分

靴は手入れさえ怠らなければ長く履けます。

なので、手持ちの靴はほとんど10年選手です。

自分で手入れをしても磨き残しがあるので、
そこはプロにお願いします。

いつも持ち込むのは、LUCUA 1100(ルクアイーレ)9階
蔦屋書店の中にある「靴磨き専門店 Burnish」。

 

松竹梅あるメニューの所要時間は、
それぞれ、

  • 10分
  • 15分
  • 20分

今日は久しぶりなので、15分コースの「シャイン」を選びました。

出来上がるまでは、スリッパを履いて蔦屋店内を物色します。

 

スリッパと言っても、スリッポン風でお洒落です。

一見するとスリッパに見えません。

 

出来上がりはこんな感じで。

シャインはその名の通り、つま先部分を光沢仕上げにしてくれます。

 

シャイン(15分)価格は1,600円(10分は1,000円)

ちなみに色はネイビーです。

ここで時間は15時近く。

3件の用事を済ませて、かかった時間は90分程度。

なかなかいい効率です。

 

 

スポンサーリンク

空いた時間はつぶさない

今日の3つは、どれも後回しにしていましたが、
水道工事のおかげで、まとめて片付けることができました。

空いた時間は「つぶす」のでなく活かしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
2時00分起床後、対中国戦 観戦
4時から仮眠
午前中、ルーティン、日本政策投資銀行から融資実行とのお知らせ
午後から、梅田の皮膚科で診療、トゥモローランドでジャケット購入、靴磨き専門店 Burnishで靴磨き
     待ってる間に本を物色、帰宅後ブログ、夕食、ブログ仕上げ


 

対中国戦にて

アルガルベ杯であれだけボコボコにやられたのに。

中国戦は、序盤からパススピード、判断、楔の繋ぎと
どれをとっても目を見張るものがありました。

やはり海外組総動員プラス国内トップクラスの選手でないと、
国際試合で勝負にならないですね。

アルガルベの惨敗も底上げを狙ったチャレンジだったのでしょう。

後は、W杯本番までに永里(大儀見)選手の代表復帰があるのか??