スポンサーリンク




スマホ決済ができたら、次は加盟店登録へ。PayPay加盟店になってみた<No 832>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

スマホ決済ができたら、加盟店登録へ

昨日の記事で、スマホ決済の利用についてお伝えしました。
 
 
 
 
記事では、利用者側についてお伝えしましたが、今回は加盟店側(事業者側)についてお伝えします。
 
記事にも書いたとおり、これまで利用者側として使ったことはありますが、
事業者側として利用したことはありません。
 
​ちょうど、先日訪問した顧問先の社長から、PayPayの加盟店登録について尋ねられたので、
まずは私自身が加盟店登録をしてみることにしました。
 

 

PayPay加盟店登録

ネットから手続き

PCからPayPayのサイトへ行くと、右上に「加盟店に申込む」の表示があるので、
ここから入ります。

 

 

お申し込みフォームに必要事項を記入します。
(電話番号は適当です)

 

「確認する」を押すと、次の画面になります。電話はイケてないので、オンラインを選択。

 

この時点でメールが届いているか確認します。届いていれば、オンラインで手続きするなら
「続きはこちらから」をクリックします。

 

 

ここから、先ほどの続きを入力していきます。

 

  1. 基本情報
  2. 振込先口座
  3. AliPay同時申込

を順に入力していきます。

振込先がジャパンネット銀行だと入金日が1日早くなる特典が付いてきます。

通常、翌々日入金が翌日入金になります。

 

資格が必要な商売だと、証明書を添付しなければいけません。

なので、税理士証票をScanSnapでスキャンして画像を取り込みました。

 

また、カード決済機能「AliPay」の同時申し込みも可能です。

インバウンド需要が見込めるなら、見込めなくても申し込んでおきましょう。
(追加手続き・費用はかからないので)

 

最後に、写真が必要です。店舗内と店舗外。

自宅兼事務所の場合、「しっかり店舗あります!」的なアピールは欠けますが、

 

店舗内は、この写真で問題なく登録できました。

プレートは、このとき置いただけです💦

ここまでの所要時間は39分。

あとは、PayPayからの便りを待つだけです。

 

 

2日後

※昨日の記事で、翌日としていましたが確認したところ、2日後でした。
お詫びして訂正いたしますm(_ _)m

ご利用開始のメールが届きました。

 

同時にキャンペーン特典が記載されたメールが別に届くので保存しておきましょう。

 

3日後

「PayPayコードキット」が届くまでに1週間ほどかかります。

それまでの間に、初期設定を済ませておくお知らせメールが届くので、
サイトからログインして一通り慣れておきましょう。

 

 

お客様が求めていること

今回、PayPayの加盟店登録をしたのは、自分が利用することよりも、
お客様への提供サービスを増やすためです。

スマホの扱いに慣れていても、PC操作に慣れていないお客様はそれなりにいます。

「税理士だから税務だけ」ではなく、お客様が求めていることが仕事になり得ます。

もちろん、出来なこともありますが・・

 

 

<編集後記>
5時30分起床後ルーティン
午前中、CFコーチ1回目を迎えるお客様に提供する「CFコーチ12ヶ月アクションプラン」を作成。

その後、郵便局にて、

  1. 届け出印の確認
  2. 民事信託対応口座のヒアリング

新旧2つの銀行印があるとややこしいですね。一つにまとめます。
まぁ、ネットなら印鑑いらずなのですが。

前々から確認したかった金融機関ごとの民事信託対応口座についてヒアリングして来ました。

ベテラン職員風の方でも、ピンときておらず投資信託と勘違いされていました。
隣にいた別の職員さんが「なんか銀行にあるよね」程度の理解で。

で、家族が痴呆になったときの取り扱いは「成年被後見人制度のみ」とのこと。

民事信託(家族信託)対応口座の要望を上げてもらうようお伝えして帰りました。

家テコとビーサンで。

ランニング3.6キロ

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク