スポンサーリンク




SquareとStripeを比較。サイトにクレジット決済を構築するならどっち<No 1646>

)Square M2 MacBook Air photo by Fujifilm X-S10

お客さまの利便性を考える

キャッシュレス決済が増え、現金を扱う機会が年々減っています。

ブログやHPのような自分サイトを構築すると、現金払いはなくなりますが、銀行振込1本だと、お客さまにとっての利便性に欠けるのかなと。

カード決済は、手数料が引かれて入金されるので、売り手としては痛いのですが、お客さまの利便性を考えると備えておきたいところです。

私が今、自分サイトで利用しているのが、SquareとStripeの2つです。

今日は、これらのシステムについてお伝えします。

SquareとStripeを比較。自分サイトにクレジット決済を構築するならどっち?

カード決済システムには、SquareやStripeのほかにもPayPalがあります。

PayPalは、お客さまがPayPalアカウントをつくる必要があったので使いませんでした。
(今現在は、必要ないのかもしれません)

Square

最初に利用したのがSquareです。

きっかけは、HPからのお問い合わせがあり、お申し込み時にお客さまからカード決済のご要望があったから。

そのときは、銀行振込一本でしたので、早急にカード決済の仕組みをHPに構築することに。

Square請求書ならウェブサイトへの構築なしで、カード決済ができる<No 661>

目に止まったのがSquareでした。

Squareといえば、Twitter創業者のジャック・ドーシーが設立した会社です。

そのTwitterを、先日買収したのが、同じくカード決済事業者であるPayPal創業者のイーロン・マスクという面白い構図ができています。

2018年当時、Squareは、カード決済システムを自分のサイト内に構築するのではなく、
Squareのサイトからお客さまへメールを送るシステムでした。
(私が他の方法を知らなかっただけかもしれませんが)

送られたメールに記載されたリンクをお客さまがクリックすると、カードデータを入力し決済ができるという仕組みです。

Squareだと、自分サイトを管理するWordPress内でカード決済システムを構築する手間はありませんでした。

流れとしては、こんな感じです。

  • お問い合わせアリ(お客さま)
  • ご案内をメールで送信(私)
  • Square決済メールを送信(私)
  • 決済(お客さま)
  • 決済完了後、サービスのご案内(私)

お客さまからの問い合わせの後、私のアクションが2つ。

サービスによっては、お申し込みフォームに「決済方法」を選択するメニューを入れていないことがあり、決済方法を聞くことで私のアクションが3つになっていました。

カード決済ができるとはいえ、やや原始的なので、次に利用したのがStripeです。

Stripe

Stripeは、Stripeでアカウントを作成したあと、WordPressと紐付けます。

WordPressだと「WP Simple Pay Lite」というプラグインがあるので、これを利用すればいいでしょう。

詳細については、過去記事をご覧いただければ。

STRIPEのカード決済をブログやHPに構築する場合の注意点<No 1103>

Squareだと、サービスメニューはSquareのアカウントで管理します。

Stripeは、WP Simple Pay Liteで管理します。

)WordPress プラグイン WP Simple Pay Lite

 

Payment Formsで、自身がつくったカード決済メニューの一覧が見れます。

 

メニューの編集ボタンから、カード決済画面をつくっていきます。

「General」

  • Title・・・サービスメニュー
  • Type・・・最初のままで
  • Payment Success Page・・・Specific Page(固定ページ)

 

「Payment」

金額を変えるだけで、あとはデフォルト(初期画面)のままで大丈夫かと。

サブスクも利用できます。

)WP Simple Pay Lite Payment

 

「Form Fields」

「Button Text」で、カード決済ボタンに表示されるテキスト(文字)を記載します。

「Button Processing Text」で、決済中に表示されるテキストを記載します。

) WP Simple Pay Lite Form Fields

 

Stripe Checkout

カード決済画面で表示される画像を登録します。

なくてもいいですが、あったほうが、お客さまにとっては安心かなと。

) WP Simple Pay Lite

その他の項目は、デフォルトのままでも機能します。

Stripeを自分サイトに構築するのは、半日か丸一日か、それなりに手間がかかります。

出来上がったあとも、サービスが増えるごとに、上で挙げた登録が必要です。

Squareでリンク貼る

Squareの導入当初はメールをお客さまに送るシステムでしたが、改良された今は、サイトにボタンやリンクを貼ることができようになりました。

Stripeでは、WordPress内でサービスメニューをつくっていましたが、SquareはSquareアカウントでメニューをつくります。

)Square 商品メニュー

 

あと、大きな違いは、Squareだと日本語表記であること。

Stripeは、英語表記なので、人によってはとっつきにくいかもしれません。

日本語表記を求めるならSquareのほうがよろしいかと。

Squareアカウントの商品メニューから、詳細の「名前」にサービス名を入力。

)Square 商品を編集

 

あとは、金額を入力し。

)Square バリエーション

 

最後に、「オンラインチェックアウト」メニューをオンにすれば、サービス購入リンクができます。

)Square オンラインチェックアウト

 

コピーしたリンクを、自分サイトのサービスメニューに貼り付ければ完了です。

リンク以外にも、QRコードや購入ボタンも利用できます。

)Square お会計リンクを共有

 

「購入ボタン」は一度、導入を試みましたが、使いづらかったので断念。

「購入ボタン」をつくるならStripeのほうが見栄え良くできます。

私はHPのサービスメニュー表示に、リンクを貼っています。

両方使ってみて、Squareは簡素すぎるので、最初の頃は「大丈夫か」と心配になったものです。

その点、Stripeは強固なつくり(に見える)ので安心かなと。

ただ、Squareでリンクが貼れるようになってからは、Stripeで英語表記を見るのが億劫になりました。

理解できないわけじゃないですが、「これで良かったっけ?」と既存のサービスメニューでどう設定したか確認する手間が増えたので。

自動返信メールと組み合わせると、入金まで一気通貫で完了します。

寝ているあいだに決済されていることも。

メルマガ配信サービス、オートビズで自動返信メールをつくる<No 1584>

使い分けるのもおすすめ

クレジットカード決済のStripeとSquareについてお伝えしました。

それぞれ、メリットとデメリットはあるのですが。

実際に導入してみて、使いやすいほうを続けるのがいいでしょう。

とりあえず、Squareからやってみて、なじまないならStripeへと。

私のように、HPはSquare、ブログはStripeと使い分けるのもおすすめです。

<編集後記>
1月18日 水曜日
5時44分起床、メルマガ執筆、確定申告、HPカード決済改善。
午後から税務ミーティング・確定申告で訪問、申告お申し込み対応(譲渡)。

<メルマガ「トライアスロン税理士の独立開業日誌」>
2022年10月1日スタート。毎日配信中。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<メルマガ「ひとり社長の仕事術」>
ご登録が一定の数に達した時点で配信開始します。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<You Tubeチャンネル「独立・開業コンサルタント 税理士 ユウジロウ」>
毎週金曜日、You Tubeで動画配信しています。
よろしければ、チャンネル登録お願いいたします。
こちらから

<サービスメニュー>

 

スポンサーリンク